交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

Suicaを使って電車に乗ったものの、急いでいたので、改札で残高を見るのを忘れてしまった。今日は定期の範囲外で降りるから、残高が足りるだろうか心配だ……。そんなときはiPhoneのアプリで残高を確認しよう!

アプリでSuicaの残高を確認する

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

 SuicaやPASMOといった交通系ICカードはプリペイド型なので、残高が足りないと改札からの出場時にチャージの必要がある。JR東日本の発行するクレジットカード「ビューカード」を登録しておけば、入場時または出場時に一定金額を下回っていると、あらかじめ設定した金額が自動的にチャージされるので問題ない。
 しかし、現金でチャージしている場合、改札機にかざすまで残高が分からない。駅構内の自販機やキオスクで何かを購入すれば分かるが、それだけのためにお金を使いたくない人もいるだろう。
 そういうときは、iPhoneに「Japan NFC Reader – カードリーダー」アプリを導入してチェックしてみよう。Suicaなど交通系ICカードなら、残高以外のいろいろな情報が分かる。
 なお、対応するiPhoneに注意が必要だ。iPhone 8/8 Plus以降か、または日本国内で発売されたiPhone 7/7 Plusで利用できる。iPhone 6/6sには非対応なので、古いiPhoneを使っている人は他の方法を探そう。

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

アプリを起動して、「スキャン」をタップする

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

この画面になったら、インカメラあたりにSuicaなどカードを接近させる

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

残高が表示された。細かい履歴を知りたいなら「詳細を表示」をタップする

細かい使用履歴を知るには

 交通系ICカードには、利用日や入出場した駅名、利用額などが記録されている。券売機などで履歴を印刷することも可能だが、経費精算などでパソコンに取りこみたいときには手入力する必要がある。しかし、「Japan NFC Reader – カードリーダー」アプリを使えば、直近の20件に限られるが、Excelなど多くのアプリで読み込めるCSV形式での出力が得られる。券売機などでの印刷なら100件まで対応なので、20件は少ないと思うかもしれないが、思いついたときに読み込んでメールなどで自分に送っておき、適当なタイミングで処理すればいいだろう。

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

前の画面で「詳細を表示」をタップすると、この画面が表示される。残高の下に使用履歴がずらっと表示される。記録を残したいなら、右上の共有アイコンをタップする

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!

書き出すのに必要な項目の並び順を設定できるが、パソコンで処理するなら、このまま「保存」をタップしてよい。CSV形式で書き出されるので、メールなどに貼り付けて自分宛てに送ろう

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!
大きい画像を表示

使用履歴のファイルをパソコンで開くと、このように表示される。不要な情報は削除して利用しよう

他にもいくつか同様の機能を持つアプリはあるが、「Japan NFC Reader – カードリーダー」は出力できる情報が多いのが特徴だ。また、nanaco、楽天Edy、WAONといった流通系電子マネー(プリペイドタイプ)の残高やポイントも確認できる。店舗に行かなくても残高やポイントがわかって非常に便利なので、電子マネーユーザーはぜひiPhoneに入れておきたい。

 

 

Japan NFC Reader - カードリーダー

Japan NFC Reader - カードリーダー

アマゾンで購入

交通系ICカードSuicaやPASMOの残高をiPhoneにかざして確認する方法!のページです。オトナライフは、【アプリICカードiPhonePASMOSuicaアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。