冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選

アナタはもらったボーナスをどのように使うだろうか? もし、銀行で貯金しているだけなら、少しでも金利の高いネット銀行や地方銀行に預けてみてはいかがだろうか? 銀行によっては、大手都市銀行と定期預金金利が最大で27倍も違うのである!

ネット銀行や地方銀行なら最大0.27%の高金利!

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選

(Image:Shutterstock.com)

 今や大手都市銀行の普通預金金利は0.001%、定期預金金利でも0.01%である。これは100万円を定期預金で1年間預けても100円(税引き後は80円)しか金利が付かないということだ。しかも、2020年秋には大手都市銀行でも、いよいよ入出金のない不稼働口座は年1,200円の口座管理手数料が取られるようになると見られている。もし、まとまったお金を銀行に預けているなら、この際、管理方法を見直した方がよいだろう。
 そこでおすすめしたいのがネット銀行や地方銀行である。今ならキャンペーンなどで最大0.27%、つまり大手都市銀行の27倍もの高金利が狙えるのである。なかには「あおぞら銀行BANK支店」のように普通預金でも0.2%の高金利を実現している場合もあるので、面倒くさがらずに金利の高いネット銀行や地方銀行に口座を開設してみよう。そこで今回は、2019年12月現在のキャンペーンなども含め、金利が0.2%以上のお得な14行を紹介したいと思う。

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選

(Image:kagawabank.co.jp)

大きい画像を表示

「香川銀行セルフうどん支店」の1年定期「超金利トッピング定期預金」は1人10万円以上100万円までだが0.27%の高金利。また、「金利トッピング定期預金」は300万円以上もOKで金利は0.2%となっている。ただし、振込手数料は他行宛3万円以上で440円かかる点は要注意!

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選

(Image:jibunbank.co.jp)

大きい画像を表示

au×三菱UFJの「じぶん銀行」では1年定期が2020年1月31日まで0.25%。三菱UFJ銀行宛の振込手数料は無料。それ以外の他行宛振込はステージによって最大15回まで無料となる

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選

(Image:aozorabank.co.jp)

大きい画像を表示

あおぞら銀行BANK支店は、なんと普通預金が0.2%! 定期預金と違っていつでも引き出せるので手軽に利用できるだろう。なお、他行宛振込手数も条件次第で最大月3回まで無料になる

他行宛振込手数料がいくらかはチェックしておこう!

 ネット銀行や地方銀行では0.2%以上の高金利を提供しているが、注意したいのは他行宛振込手数料(3万円以上)である。ネット銀行の多くは、預入金額や投信、外貨預金などで預金者がランク付けされ、他行宛振込手数料がランクによって月数回まで0円になる場合が多い。たとえば、SBJ銀行では一部制限はあるが月7回まで他行宛振込手数料が無料になる。ところが、地方銀行の場合、他行宛の振込手数料が440円~660円ほど取られてしまうのである。
 実は、定期預金で100万円を0.2%の金利で預けると、1年後にもらえる金利は2,000円(税引き後は1,594円程度)である。それなのに、他行振込料で440円~660円も取られてしまうと実質金利が低下してしまうのだ。もちろん、ATMでの引き出し手数料が0円であれば問題ないが、あまり縁のない地方銀行の場合は金利が高くても注意したい。

●香川銀行セルフうどん支店 は→こちら

●豊田信用金庫とよしんインターネット支店 は→こちら

●じぶん銀行 は→こちら

●大光銀行 えちご大花火支店 は→こちら

●スルガ銀行 Dバンク支店 は→こちら

●しずおか焼津信用金庫しずしんインターネット支店 は→こちら

●北日本銀行 インターネット支店 は→こちら

●高知銀行 よさこいおきゃく支店 は→こちら

●尼崎信用金庫 ウル虎支店 は→こちら

●豊橋信用金庫 インターネット支店 は→こちら

●あおぞら銀行BANK支店 は→こちら

●SBJ銀行 は→こちら

●住信SBIネット銀行 は→こちら

●オリックス銀行 は→こちら

冬のボーナスは金利20倍以上のネット銀行や地方銀行に預けよう! 高金利銀行14選のページです。オトナライフは、【マネーネット銀行地方銀行金利銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。