マイナンバーカード取得で25%還元される「マイナポイント」ってなに?

「キャッシュレス・ポイント還元事業」を利用して、毎日PayPayや楽天Payなどでポイント還元を受けている人もいるだろう。だが、この制度は2020年6月末まで。そのあとは、マイナンバーカードを利用した25%還元の「マイナポイント」制度が始まるのをご存じだろうか? 今回は、2020年9月スタート予定の「マイナポイント」について解説する。

普及率14.3%のマイナンバーカード所有者限定の「マイナポイント」とは

(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp)

 2019年10月から消費税率が10%に引き上げられたタイミングで、クレカやQRコードなどによるキャッシュレス決済で、2%か5%か還元される「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施されたのはご存じだろう。そのおかげで、キャッシュレス化が遅れていた日本でも急速に「OOPay」と呼ばれるQRコード決済が普及してきた。だが、これは2020年6月末までの期間限定で、そのあとの景気対策として政府が考えたのが、「マイナンバーカード」を利用した「マイナポイント」という制度である。詳細についてはいまだ不明だが、今回はこの「マイナポイント」について分かっていることを解説しよう。
 まず現状「マイナポイント」で決まっていることは、25%還元を受けられるのは「マインバーカード所有者」で、なおかつ「マイキーID」を作成している者に限定されること。つまり、マイナンバーカードを持っていないと、「マイナポイント」の25%還元は受けられないのである。すでに、国民全員にマイナンバーの「通知カード」は郵送されているが、「マイナンバーカード」はこれとは別物。自分で申請しないと取得できない顔写真付きの身分証明証だ。実は「マイナンバーカード」の交付枚数は、2019年11月1日時点で約1,823万枚。全国民のたった14.3%しか取得していないのである。

■マイナポイントの詳細
(1)ポイント還元は25%で、ポイントの上限は1人最大5,000pt
(2)実施期間は2020年9月~2021年3月末の予定
(3)ポイント還元を受けるにはキャッシュレス決済が必須

■マイナポイント25%還元を受けるには?
(1)マイナンバーカードを所有
(2)マイキーIDの作成
(3)キャッシュレス決済方法(SuicaやOOPayなど)

(Image:soumu.go.jp)

左が国民全員に郵送されている「通知カード」。これは紙製で個人番号が記載されているだけ。右がプラスチック製でICカードが載っている「マイナンバーカード」。身分証明書としても使えるが、これは自分で申請しないと取得できない

マイナンバーカード取得で25%還元される「マイナポイント」ってなに?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフLINE payPayPayQRコード決済Suicaキャッシュレスマイナポイントマイナンバーカード通知カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。