インスタグラム(Instagram)で勝手にタグ付けされたときの削除方法

インスタグラム(Instagram)では、投稿した写真に「タグ付け」することができる。この機能により、写っている人物が誰であるかを紹介したりできるが、勝手に付けられると迷惑ということもある。このタグは自分でも削除できるので、迷惑な場合はサクッと削除しよう。

タグを付けられたことを知るには?

(Image:Sattalat phukkum / Shutterstock.com)

 インスタグラム(Instagram)の「タグ付け」は、投稿した写真や動画に写っている人の名前(インスタグラムのアカウント)を設定できるもの。タグ付けされると、アカウント名からリンクがたどれるようになり、その人物のフォロワーなどから画像を見てもらえる可能性が上がるというメリットがある。
 しかし、タグ付けには本人の許可などは必要ないので、「別に拡散されたくない」「自分の名前を知られたくない」「むしろ迷惑」ということもあるだろう。
 タグ付けされているかどうかは、いくつかの方法で知ることができるのでチェック方法を覚えておこう。

タグ付けすると自分宛に通知が届く。この通知が届いたら、タグ付けされたということになる(左)。通知は「アクティビティ」タブでも確認が可能だ(右)

「プロフィール」タブの人型アイコンをタップすると、自分がタグ付けされた写真が一覧表示される

インスタグラム(Instagram)で勝手にタグ付けされたときの削除方法のページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。