iPhoneのメッセージ吹き出しが相手によって「青」や「緑」などに変わる理由

最近、iPhoneやiPadでメッセージのやりとりをしていてふと気づいたことがある。「自分の送ったメッセージの吹き出しの色が、送る相手によって違う」ということだ。具体的には、青と緑の2つがあることに気づいた。調べてみると吹き出しの色が違うのには理由があり、それぞれ特徴があるようなのでまとめておく。

「青」の吹き出しはiPhoneやiPadの「iMessage」でのやり取り

iPhoneのメッセージ吹き出しが相手によって「青」や「緑」などに変わる理由

 まず、青の吹き出しはiPhoneやiPadの「iMessage」アプリでやり取りした時に表示される色である。たとえば相手がiPhoneを使用しており、自分も同じくiPhoneを使用していた場合は吹き出しの色が青色になる。
 この場合、写真や動画も送ることができ、送信したメッセージにはそのときの状況に応じて「配信済み」「開封済み」などの表示がされるようになっている(※変更可能)。
 この画面でやり取りしたメッセージは常に暗号化されており、「設定」→「メッセージ」の順でオン/オフの切り替えも可能だ。また、文字数や件名欄の表示を選択することもできる。
 なお、デフォルトの設定でiPhoneは「iMessageが利用できない場合はSMSでメッセージを送信する」ようになっている。そのため、通信状況によっては例えお互いがiPhoneであっても吹き出しが緑になることもあるだろう。

「緑」の吹き出しは「SMS」もしくは「MMS」でのやり取り

iPhoneのメッセージ吹き出しが相手によって「青」や「緑」などに変わる理由

 緑の吹き出しは、

 

・「SMS」…携帯番号に送る仕組み
・「MMS」…メールアドレスや携帯番号に送る仕組み

 

どちらかでやり取りしたときに表示される。
 ちなみにSMSでやり取りした場合、送信できるのは文章(テキスト)のみ、さらに全角70文字以内と決まっている。MMSの場合は写真や動画も送信可能だ。

よくやり取りする相手とはLINEなどを交換しておくのが無難

 自分がiPhoneで相手(電話番号のみ知っている)がAndroid端末を使っている場合は基本的にSMSでのやり取りとなるため、長文を打てなかったり、画像や動画を送れなかったりといった不具合が出てくる。
 そのため、よくやりとりをする相手や仕事相手とは必ずLINEやメールアドレス、スラックアカウントを交換しておくことをおすすめする。

いざというとき困らないためにあらかじめ複数の連絡手段を確保しておこう

 電話番号しか知らない相手と写真や動画のやり取りをしたいと思ったとき、もしお互いがApple製品でなかった場合は何かと不便である。
 そのため、あらかじめLINE、メールアドレス、スラックなど、複数の連絡手段を確保しておくようにしよう。

iPhoneのメッセージ吹き出しが相手によって「青」や「緑」などに変わる理由のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。