AirPods Pro「感圧センサー」が反応しないときの対処法 センサーが使えないと操作性が落ちる

AirPods Proを操作する場合、感圧センサーを利用するシーンが多い。これが正常に動作しないと、AirPods Proの操作性は大分落ちてしまう。もし、感圧センサーの調子が悪いと感じるときは、いくつかの点をチェックしてみて欲しい。

感圧センサーはしっかり押さないと反応しない

 AirPods Proの感圧センサーは下に伸びた軸の凹んだ部分にある。ここを2本指でつまむように押すと反応するが、結構強めに押し込まないと反応しない。そのため、軽く押しただけで無反応と思ってしまう人もいるようだ。強く押し込むと「カチッ」という反応がある。この反応があるまで押し込んでみよう。

AirPods Proの下に伸びた軸部分に感圧センサーがあり、ここを2本指でつまんで押すと「カチッ」と反応がある。軽く押しただけでは反応しないので、しっかりと押し込もう

押す間隔の設定を変更する

 感圧センサーの操作は、1回押し、2回押し、3回押しといったように複数回押すものがある。このとき、感圧センサーを素早く押す必要があるのだが、押す間隔が長すぎると正しく反応しない。この場合は、設定アプリで押す間隔を調整し、押す間隔を遅く設定しておくとよい。

設定アプリで「アクセシビリティ」→「AirPods」を開く。「押すときの間隔」で、「遅く」または「最も遅く」を選択する。これで、押す間隔が長くなっても正しく反応するようになる

AirPods Pro「感圧センサー」が反応しないときの対処法 センサーが使えないと操作性が落ちるのページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsAirPods Proイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。