「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!

東京都内でも、たった300円で60分間駐車できる「パーキング・メーター」。仕事や買い物で利用している人も多いのでは? 実はネット上で「59分以内に移動すれば、お金を払わなくても違反ではなく、タダで駐車できる」という噂があるが、果たしてこれは本当なのだろうか? 今回は「パーキング・メーター」の謎に迫る!

噂は「制限時間を過ぎると駐車違反」を誤解釈か?

「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!

(Image:Tow Hai Nguang / Shutterstock.com)

 東京都心の駐車料金は、安くても1時間600円程度、銀座などの一等地では1時間3,000円という高額な駐車場も存在する。そんな東京都心でも、たった300円で60分間駐車できるのが、一般道に脇に設置されている「パーキング・メーター」だ。
「パーキング・メーター」は白枠内に車が侵入すると、それを感知して自動的に時間をカウントする構造となっており、皆が公平に利用できるように、1回の駐車時間は60分以内に制限されているのが特徴である。そんな「パーキング・メーター」に関して、ネット上では「59分以内に移動すれば、お金を払わなくても違反ではなく、タダで駐車できる」という噂もある。果たしてこの噂は本当なのだろうか?
 結論から言えばこれは誤りである。確かに、警視庁の公式サイトには「決められた時間を過ぎると駐車違反となります」という一文があり、それなら逆に「59分で車を出せば駐車違反にならないのでは?」というのが噂の元になったらしい。もちろん「パーキング・メーター」本体には「車をとめたらすぐに手数料を入れてください」とも表記されており、お金を入れない「未納」状態の場合は、59分以内でも駐車違反の取り締まり対象となる。もちろん、白枠から大きくはみ出しての駐車もNGなので、十分に注意してほしい。なお、「パーキング・メーター」の料金は「駐車料金」ではなく正確には「手数料」である。

「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!

こちらがコイン式の「パーキング・メーター」。59分以内なら未納でも駐車違反にならないとの噂があるが、実際には未納のままでは59分以内でも取り締まりの対象となる

パーキング・メーターが使えない期間もある!

「パーキング・メーターは59分以内であれば駐車違反にならない」という噂は、「パーキング・メーター」で利用できるのが“100円玉のみ”となっていることも、その一因となっている。つまり、ドライバーが100円玉を3枚持っていない場合もあるので、両替する時間を考慮して最初の数分間の「未納」なら即時取り締まりは行われないのである。それなら「何分から駐車違反になるのか?」と言われても、それは現場の判断となるため、実際に15分でも駐車違反として取り締まられたケースもあるという。
 ちなみに、「パーキング・メーター」によく似たシステムに「パーキング・チケット」もあるが、こちらはチケットを発券して車内に貼っておくスタイル。紙幣も使えるようになっているため、チケットを見える場所に貼っておかないと即時取り締まりの対象になる。 
 なお、「パーキング・メーター」は24時間いつでも使えるものではない。たとえば、標識に「9-19 P60分」や「日曜・祝日を除く」と記載されている場合は、平日の9時~19時までは1回60分間駐車できるが、それ以外の時間帯や日曜日・休日は利用できないので注意したい。

「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!

チケット式の「パーキング・チケット」は、紙幣も利用可能なので、今回の噂とは関係ないタイプ。もちろん、駐車後すぐに発券したチケットを貼っておかないと駐車違反となる

「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!

「パーキング・メーター」のある場所には、このような標識が設置されている。写真のように「9-19 P60分」や「日曜・祝日を除く」という標識がある場合は、平日の9時~19時までは1回60分間駐車できるが、それ以外の時間帯や日曜日・休日は利用できないという意味だ

●警視庁「時間制限駐車区間(パーキング・メーター等)」(公式)は→こちら

「パーキング・メーター」59分以内に移動すれば違反じゃないは本当? の謎を解明!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ駐車場】の最新ニュースをいち早くお届けします。