「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

牛丼やかつ丼などの丼ぶり物だけでなく、うどんやそばなど幅広いメニューが用意されていることで人気がある「なか卯」。そんな「なか卯」にも裏メニューや裏オーダーがあった。今回は、お得なクーポンのオーダー方法も紹介するぞ!

「つゆ限界」はギリギリまでつゆを入れてもらえる!

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

「なか卯」といえば、親子丼、牛丼、かつ丼などの「丼ぶり」と京風うどんやそばを主力にしたファーストフード店。2019年12月末現在で全国464店舗を展開する。そんな「なか卯」にも裏メニューや裏オーダーが存在した。
 まず、「なか卯」の丼ぶりやうどんには、“小”や“ミニ”の設定があるので、両方食べたい場合は、丼ぶりとうどんをセットで頼むアレンジが可能。ちなみに、「はいからうどん(小)」は200円と格安だ。
 次に、「なか卯」では牛丼だけでなく、親子丼などでも「つゆだく」が頼めるのが特徴。「つゆだく」はつゆが2倍だが、つゆが3倍の「つゆだくだく」、つゆが4倍となる「つゆだくだくだく」、さらに限界まで入れてもらえる「つゆ限界」までオーダーできるのだ。また、牛丼は「ねぎだく」や「ねぎぬき」を頼むことができる。通常の「ねぎだく」はねぎ2倍だが、ねぎを限界まで入れてもらえる「ねぎだくだく」もオーダー可能。ただし、忙しい時間帯や店舗によってはNGの場合もあるので注意したい。

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

(Image:nakau.co.jp)

「なか卯」では、牛丼や親子丼には「ミニ」の設定が、うどんやそばには「小」の設定がある。どっちも食べたい欲張りさんでも、丼ぶりとうどんをセットにしてオーダーできるのがうれしい

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

(Image:nakau.co.jp)

「なか卯」では、店舗によって、牛丼は「つゆだく」や「ねぎだく」のオーダーが可能。好みで頼んでみよう

メルマガ登録でお得なクーポンをもらえる!

「なか卯」によく行くなら、是非、無料のメルマガ会員になっておこう。「なか卯」では毎月14日、15日、16日を“なか卯の日”と定めており、50~100円程度の割り引きが受けられるお得クーポンが配信されてくるのだ。メルマガ登録は、スマホでQRコードを読み込み、空メールを送って会員登録するだけでOK。送られてくるメルマガにはクーポンナンバーが書かれているので、「なか卯」の券売機で「メニュー番号で買う」を選択して、該当するクーポンナンバーを入力すればいい。ただし、クーポンナンバーは「店内」と「持ち帰り」で異なるので、間違えないようにしよう。
 今回、筆者は通常890円の生ほたていくら丼(並)を、100円引きクーポンを使って790円でいただいた。ちなみに、一緒に付いてくる「刻みわさび」はかなりツーンと来るので量に注意しよう!
 なお、本文中の価格はすべて税込となっている。

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

メルマガに登録するには、まずQRコードを読み取り、スマホから空メールを送る(上写真)。次に、送られてきたリンクからメルマガ登録フォームに入力する(中写真)。会員登録完了メールが届けばOKだ(下写真)。あとは、メルマガが来るのを待つだけ!

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

今回は親子丼や生ほたていくら丼が100円引きになるクーポンが送られてきた。このクーポンナンバーをメモしておこう。ただし、クーポンナンバーは「店内」と「お持ち帰り」があるので間違えないように!

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

メルマガのクーポンを使うには、まず「なか卯」の券売機の画面下にある「メニュー番号で買う」を選択する

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まである

今回は「生ほたていくら丼(並)」を注文。「メニュー番号」部分にメルマガの載っていたクーポンナンバーを入力すればOKだ。100円引きのチケットが発行される

●なか卯(公式)は→こちら

●なか卯「メールマガジン会員登録」(公式)は→こちら

「なか卯」は毎月14日、15日、16日の“なか卯の日”がお得! つゆだくは「つゆ限界」まであるのページです。オトナライフは、【グルメチェーン店なか卯】の最新ニュースをいち早くお届けします。