日本版はいつ?! 中国で新型コロナウイルス感染者との接触を判定するアプリが登場

日本でも猛威を振るう新型コロナウイルスだが、中国ではすでに国家衛生健康委員会が、新型コロナウイルス感染者と接触したかどうか判定できるアプリを公開している。日本でもこのようなアプリが欲しいところだが、いったいどんなアプリなのだろうか?

感染者のビッグデータから接触を判定するアプリ

日本版はいつ?! 中国で新型コロナウイルス感染者との接触を判定するアプリが登場

 日本では、もはや感染経路すら特定できないほど広まってしまった新型コロナウイルス。今後は感染しないように各自で予防対策をするしかないわけだが、中国では、すでに“自分が新型コロナウイルス感染者と接触したかどうか判定できる”アプリ「密接接触者測量儀」が登場している。
 この新型コロナウイルス感染判定アプリとも言える「密接接触者測量儀」は、中国の中国国務院弁公庁、国家衛生健康委員会、中国電子技科集団公司(CETC)が共同で開発したもの。その機能は、感染者が過去にどこに居住していたか? 職場はどこか? 列車や飛行機のどこに座っていたか? 医療スタッフやその家族か? といったビッグデータを利用して、感染者との接触状況を判定する仕組みだという。
 残念ながら、このアプリは中国企業が開発した「Alipay(アリペイ)」「WeChat(微信)」「テンセントQQ」といったスマホアプリから専用QRコードを読み取り、登録欄で中国のID番号を入力する必要があるため、日本人は利用できないし、日本国内での感染判定にはまったく使えないのだが、日本でもこのようなアプリを誰か開発してくれないものかと思うのは、筆者だけであろうか?

日本版はいつ?! 中国で新型コロナウイルス感染者との接触を判定するアプリが登場

(Image:en.nhc.gov.cn)

中国の国家衛生健康委員会の公式サイト。新型コロナウイルス感染判定アプリ「密接接触者測量儀」について詳しく書かれている

日本版はいつ?! 中国で新型コロナウイルス感染者との接触を判定するアプリが登場

(Image:mp.weixin.qq)

アプリ開発を担った中国電子技科集団公司(CETC)のニュースリリース。残念ながらこのアプリを日本人が利用することはできない

●中華人民共和国国家衛生健康委員会(公式)は→こちら

●中国電子技科集団(公式)は→こちら

日本版はいつ?! 中国で新型コロナウイルス感染者との接触を判定するアプリが登場のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフアプリ健康新型コロナウイルス】の最新ニュースをいち早くお届けします。