【騙されるな】新型コロナウイルスに関するSNS拡散デマ情報 実際流れてきた内容を紹介

連日世間を騒がせている新型コロナウイルス。
そんなコロナウイルスについて、根も葉もない噂が広まっているのはご存知でしょうか?
SNSが盛んな現代、デマがあっという間に広がるのは容易いことです。
心理学者によると、「人間は、恐怖を感じているものの情報に関して信じやすく、何か言いたくなる」
「怖いときには怖い話を信じる。それは自分の心と現実を一致させたいという心理からくる」と言われています。

一方、医療の専門家によると、「常識的にありえない」とされているこのデマ。
こちらでは、誤った情報と正しい対処法についてご紹介していきます。

出回っている偽の情報とは?

【騙されるな】新型コロナウイルスに関するSNS拡散デマ情報 実際流れてきた内容を紹介

・お湯を飲むと予防になる
SNS等で拡散希望とされているこの情報は全くのウソ!
「武漢のコロナウイルス研究者によると、新型コロナウイルスは熱に弱い。
その為、摂氏57度(26、36度のパターンもあり)で死滅する。お湯やお茶を飲み予防しよう」という内容。

 

この他、出回っているいくつかの文言をご紹介します。

 

“病院に勤めてる看護師さんから流れて来たの転送します。
今回のウイルスは、熱に、弱いそうです。
冷たい飲み物は、厳禁です。いつも温かい飲み物、ぬるま湯を持ち歩いてください”

 

“彼は無限肺炎ウイルスの研究を行っています。たった今電話をかけて聞いたところ、一般的な風邪を引いた時は鼻水と痰があり、コロナウイルス肺炎は鼻水のない乾いた咳なので、風邪との違いが判るでしょう。これが最も簡単な識別方法だ”

 

“今回の武漢ウイルスは耐熱性がなく、57度の温度で死にます。そのためお湯をたくさん飲めば予防できます。
陽射しの下に行ってください。 冷たい水、特に氷水を飲まないでください”

 

上記の情報は台湾や香港などの海外在住者から同様の情報が送られてきたケースもあり、信憑性が高いと信じた人も多くいたようです。
しかし、これらの情報は全て間違いですのでご注意下さい。

こんな情報はありえない

専門家は次のようなことから異論を唱えています。

 

・ウイルス感染は口からだけではない
・仮に体外において耐熱性がなくても、体内で同じ条件になるとは限らない
・摂氏26、36度でウイルスが死滅するのなら、36度付近である人体の中に入った時点で死滅するはずである

正しい対処法を徹底しましょう

【騙されるな】新型コロナウイルスに関するSNS拡散デマ情報 実際流れてきた内容を紹介

今現在、コロナウイルス対策として有効なものは下記の4つです。

 

①丁寧な手洗いうがい
②アルコール消毒
③マスクの着用
④30分ごとを目安に水分補給

 

一刻も早く終息することを願い、今できる正しい対処法を心掛けましょう。

参考元:新型コロナウイルス『お湯を飲んで予防』のデマ拡散。専門家は「常識的に考えてありえない」【HUFFPOST】は→こちら

【騙されるな】新型コロナウイルスに関するSNS拡散デマ情報 実際流れてきた内容を紹介のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフSNS健康新型コロナウイルス】の最新ニュースをいち早くお届けします。