iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要

iPhoneを使っていると不具合に遭遇することがある。そんなときの効果的な対処方法は再起動だが、本体が操作できない不具合が起きてしまったときは慌ててしまうもの。このようなときに冷静に対応するためにも、強制的に再起動する方法を覚えておこう。

iPhoneの強制的な再起動はモデルによって操作が異なる

 動作が遅い、通信が安定しない、本体が異様に熱いなど。iPhoneの不具合にはさまざまなものがある。このような不具合は症状に合わせた対処方法があるが、問題が解決しない場合も少なくない。その場合に試したい対処が再起動。大抵の不具合はこれで治るはずだ。
 しかし、iPhone自体がフリーズしたり、スリープから復帰しないような不具合もある。このようなトラブルに遭遇した場合、強制的な再起動が必要だ。これにはiPhoneのボタンで操作するのだが、iPhoneの種類によって手順が異なる。まさかのトラブルで慌てないためにも、使っているiPhoneに合わせた操作方法をぜひ覚えておきたい。

iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要

iPhone 8とiPhone X以降で強制的に再起動するには、はじめに音量の上げるボタンを押してからすぐに放す(1)。次に音量の下げるボタンを押してからすぐに放す(2)。最後にサイドボタンを電源が切れるまで押しっぱなしにする。電源が切れたら、しばらくしてからサイドボタンを長押しして電源を入れる

iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要

iPhone 7/7 Plusで強制的に再起動するには、音量の下げるボタンとスリープボタンを同時に長押しする

iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要

iPhone 6s以前で強制的に再起動するには、スリープボタンとホームボタンを長押しする。なお、長押ししなかった場合はスクリーンショットを撮影してしまうので注意しよう

最新のiPhoneはやや特殊な操作が必要なので、しっかりと覚えておきたい。なお、強制再起動してもiPhoneに保存されているデータが失われることはないので安心してほしい。ただし、作業中で保存していなかったデータは消えてしまう点だけは注意しよう。

iPhoneを強制的に再起動する方法 使っている種類によって手順が異なるため注意が必要のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。