そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

みなさんは「そば界のラーメン二郎」こと「港屋」をご存知だろうか? 以前虎ノ門(現在は閉店)にあり、現在は大手町で「港屋2」として営業している、極太麺、ラー油を入りつけ汁、山盛りの肉と海苔といった個性的なメニューで根強い人気を誇るおそば屋さんだ。そんな港屋のインスパイア系のお店に行く機会があったので、みなさんにもその感想を共有しておく。これまでのそばの概念が、いい意味で覆るはずだ。

極太麺、無料卵、蕎麦茶など個性的すぎるメニューとサービス

今回は秋葉原にある「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」にお邪魔した。店名で全部言っちゃう感じ、嫌いじゃない。

 

注文は食券先買い制。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

今回は基本メニューである「肉そば(税込900円)」を注文。ちなみに小~大まで一律900円なので、欲張って大を注文してみた。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

テーブルについて驚くのが、目の前に陳列された卵。なんとこれ、すべて無料なのだ。卵を注文すると普通のお店だと50~100円はかかるため、これはかなりお得感がある。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

そして、店内には魚粉が脇に置かれたそば湯、さらには冷たいそば茶などがある。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

このそば茶が美味しかった。麦茶とはまた違うそばの香ばしさがクセになる。そうこうしていると、着丼。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

なんちゅうビジュアル。

 

コレを初見で「そば」と判断できる人は一体どれくらいいるのだろうか?

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

写真だとわかりにくいが、つけ汁にはラー油が浮いている。ジャンキー感が増すぜ。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

こんもりと盛られたノリ。そしてその下には最低限の味付けがされた豚バラとネギが隠れている。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

これだけでも十分うまい。というか丼として食べたい。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

さて、このそばを見てもらえればわかるが、かなり太い。コシもかなり強く、ガシガシ、ワシワシ、といった効果音が適切な食べ応えだ。

 

普通のそばとは明らかに違うビジュアルだが、これをラー油入りのつけ汁に潜らせると「ああ、こういうそばもアリだ」と納得してもらえるだろう。

 

そこに肉や海苔を合わせると、さらに食欲が加速する。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

卓上のニンニク入りラー油(辛さかなり控えめ)を追加すれば、箸のスピードが勝手に増していく。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

無料の卵をドボンすることも忘れてはいけない。

 

写真を撮り忘れてしまったが、量が多いこともあり後半は少しキツくなってくるので酢を入れることをオススメする。

 

また、最後はそば湯で割ったあと魚粉入れると、いとうまし。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆される

ありがとうございました。

二郎が好きならハマるはず。一度は食べてみたい味

富士そばやゆで太郎とは、まったく趣向の違うそばを提供する「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」。ラーメン二郎が好きな人であれば、ハマってくれると思う。

 

お値段は肉そばで900円と少々お高めだが、大盛り無料、卵無料、そば茶、魚粉などサービス面の充実も高ポイント。

 

「そば食いてえ~、でもジャンク感もほしい〜」というときは、まずここに行けば間違いないだろう。

そば界の二郎こと「港屋」はなぜ蕎麦にラー油を入れるのか? そばの概念が覆されるのページです。オトナライフは、【グルメそばラーメン二郎港屋】の最新ニュースをいち早くお届けします。