【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

筆者は以前、かっぱ寿司の家系ラーメンを食べて「やはり家系ラーメンは専門店で食べるに限る」という結論に至った。しかし、どうやらはま寿司でも家系ラーメンが販売されているらしい。「まあ、どうせ回転寿司チェーンのクオリティでしょ」そんな軽い気持ちではま寿司の家系ラーメンを食べた筆者は、その認識を改めた。もちろん、今でも専門店の方が圧倒的に美味しいという持論に変わりはないが、はま寿司が大健闘していたのでその事実を記しておきたい。

スープがいい。この濃さ、粘度、獣感こそが家系だ

はま寿司の店内には、横浜家系ラーメンを押し出すPOPが目立つ位置に貼られていた。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

「大好評につき復活」らしい。

 

税抜380円と回転寿司においては決して安くない値段設定。果たしてその価値はあるのか?

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

意を決してタッチパネルをタップする。ちなみにこの写真を撮ったときは「にんにくのせ」の存在に気づいておらず、通常バージョンを注文してしまった。次回は絶対にんにくのせを頼むぞ。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

着丼。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

すぐさま開丼。

 

おお、ビジュアルはかなりいい。この時点でスープの粘度が高いのがわかる。ただ、期待は禁物。淡々とレビューしていこう。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

ほうれん草は独特な青臭さもなく、パクパク食べられる。
家系ラーメン×ほうれん草の美味しさをどこかの大学で講義したい。論文なら普通に書けそう。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

海苔はそのまま入れられた状態でくる。個人的にはかっぱ寿司のように別添えにしてほしい。その方がパリッと感を楽しめるので。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

チャーシューは「まあこんなもんだろう」という印象。これ以上のクオリティを求めるのは酷だ。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

煮卵は絶妙の茹で加減でクオリティ高し。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

そして、今回はなんと言ってもスープがよかった。

 

ガツンとくる醤油の塩分、ややドロっとした粘度高めの舌触り、そして程々に獣感のあるコク。これだ、俺が求めていたのはこれだよ。飲みやすいライトな家系なんてものはいらない。そんなものより、この暴力的な味で俺は殴って欲しかったのだ。

 

回転寿司チェーンでここまでのクオリティを出すのはすごい。はま寿司すごい。

 

ちなみに麺は写真を撮り忘れてしまったが、もちっとした食感でスープとの絡みもよく美味しかった。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなー

この日はすでに満腹だったためスープを残したが、普段なら確実に完飲していると思う。

【結論】はま寿司、やるではないか

いやー、正直侮っていた。はま寿司、やりおる。
個人的にはチャーシューも煮卵もいらないので、ほうれん草、海苔、麺、スープだけで税込290円くらいで販売してほしい。

 

はま寿司さん、よろしくお願いいたします。

【朗報】はま寿司の家系ラーメンを筆者は正直侮っていた。 はま、やりおるなーのページです。オトナライフは、【グルメかっぱ寿司チェーン店はま寿司ラーメン家系ラーメン】の最新ニュースをいち早くお届けします。