【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

WebサイトやSNSなどにダイレクトにアクセスできるQRコードは非常に便利。そんなQRコードを読み込むとき、アナタはいちいちiPhoneのQRコード専用アプリを起動していないだろうか? 実は、iOS11以降からiPhoneでも標準カメラで簡単にQRコードを読み取れるようになっているのだ。

まずはiPhoneのカメラの設定を確認しておこう

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

 雑誌やSNS、広告など、今や私たちの周りにはQRコードが溢れているが、QRコードはいちいち専用アプリを起動して読み込まないといけないのが、少々面倒であった。
 だが、iOS11では、iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取れるようになっているのをご存じであろうか? iPhoneの標準カメラならロック画面からでもサクッとアプリを起動することができるので、かなり快適なのである。
 ただし、iPhoneの標準カメラでの読み取りには事前設定する必要がある。手順は簡単で、iPhoneの「設定」を開き「カメラ」の「QRコードをスキャン」をオンにするだけでいいのだ。読み取り時間も一瞬で、ストレスを感じることはない。読み取ったあとはカメラ画面上部にリンク先が表示されるので、それをタップすればOKである。

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

QRコードを読み込むために、まずは「設定」の中にある「カメラ」をタップ(上写真)。次に「QRコードをスキャン」の項目をONにする(下写真)

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

iPhoneはロック画面からでも「カメラ」アプリは起動できる。カメラのアイコン部分を長押ししよう

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

シャッターを押す必要はない。QRコードを画面内に表示させるだけでQRコードを読み取れる。 上部に詳細が表示されるので、これをタップしよう

SNSのQRコードも問題なく読み取れる!

 QRコードはSNSでも活用されている。LINEの友だち追加でコードを読み取ったり、Instagramのネームタグを読み取ってアカウントをフォローしたりすることは多いだろう。もちろんそうした場合でも、iPhoneの標準カメラは有効だ。
 もし、QRコードをなかなか読み取れない人は、撮影モードを確認してみよう。「写真」か「スクエア」モードならOKだが、それ以外のモードだと読み込めないことがある。また、QRコードにカメラを近づける手段も試してほしい。2020年3月現在、iPhoneのバージョンはすでにiOS13になっている。アップデートが面倒なんて言ってないで、今すぐOSをアップデートしよう。

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?

試しにLINEのマイQRコードを読み込んでみると、一瞬で読み取れた。これは便利!

【iPhone】iOS11からQRコードは標準カメラアプリで読み込めるって知ってた?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiOSiPhoneQRコード設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。