ついに「モバイルPASMO」がサービス開始、現状はAndroidのみでiPhoneは非対応

すでにJR東日本のSuicaでは、スマホアプリで使える「モバイルSuica」が導入されているが、首都圏の地下鉄やバスなどで使える交通系ICカード「PASMO(パスモ)」でも、ようやく2020年3月18日10時から「モバイルPASMO」が利用できるようになる。ただし、現状はAndroidのみ。果たしてどんなサービスになるのだろうか?

Androidスマホでチャージや定期券が買える!

ついに「モバイルPASMO」がサービス開始、現状はAndroidのみでiPhoneは非対応

(Image:pasmo.co.jp)

 2020年3月10日、PASMO協議会は「モバイル PASMO」のサービスを2020年3月18日10時より開始すると発表した。そもそも「PASMO(パスモ)」は、首都圏の地下鉄や私鉄、バスなどで利用可能な交通系ICカード。この「モバイルPASMO」の導入で、ようやくJR東日本の「モバイルSuica」のようにスマホアプリでPASMOを利用することができるようになる。ただし、「モバイルPASMO」が利用できるのは、おサイフケータイ対応のAndroidスマホのみで、現状、iPhoneへの対応は未定である。
「モバイルPASMO」はGoogle Playストアから「モバイルPASMO」アプリを、おサイフケータイ対応のAndroidスマホにインストールすることで利用可能になる。もちろん、従来のPASMO同様に電車やバスへの乗車や買い物ができるほか、本人名義のクレカを登録することで、チャージや定期券の購入も可能となるのだ。また、「無記名方式」のモバイルPASMOも発行可能となっているが、こちらはクレカ登録ができないので、現金チャージのみとなる点は注意したい。
 気になる「モバイルPASMO」対応スマホはAndroid 6.0以上で、FeliCa搭載機種となっているが、実際に利用できる機種はかなり限定されているようだ。利用を考えているなら、まずはPASMO協議会の公式サイトで対応機種を確認しておこう。

 

■モバイル PASMO 定期券発売事業者一覧
【鉄道】

小田急電鉄/京王電鉄/京成電鉄/京浜急行電鉄/埼玉高速鉄道/相模鉄道/首都圏新都市鉄道/新京成電鉄/西武鉄道/千葉都市モノレール/東急電鉄/東京地下鉄/東京都交通局/東武鉄道/北総鉄道/ゆりかもめ/横浜高速鉄道/横浜市交通局/横浜シーサイドライン

 

【バス】
江ノ電バス/小田急バス/川崎市交通局/ 川崎鶴見臨港バス/関東バス/京王電鉄バス/京成バス/西武バス/相鉄バス/立川バス/東急バス/東京都交通局/東洋バス/西東京バス/日立自動車交通/横浜市交通局

ついに「モバイルPASMO」がサービス開始、現状はAndroidのみでiPhoneは非対応

(Image:pasmo.co.jp)

「モバイルPASMO」は今のところAndroidのみ対応。本人名義のクレカを登録すると、窓口や券売機がなくてもチャージや定期券購入が可能となる他、残高や利用履歴もスマホで確認できる。また、スマホを紛失しても再発行が可能。さらに、「バス得」のポイントなども確認できて便利!

●モバイルPASMO(公式)は→こちら

●モバイルPASMO対応機種(PDF)は→こちら

ついに「モバイルPASMO」がサービス開始、現状はAndroidのみでiPhoneは非対応のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidPASMOモバイルPASMOモバイルSuica電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。