実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

長年利用する運転免許証。でも、更新のときに撮られた顔写真がひどい! そんな理由で写真を変更することは可能なのだろうか? 実は2019年12月に道交法が改正され、「運転免許証の顔写真を変更したい」という理由でも再交付してもらうことが可能となっている。今回は運転免許証の顔写真と再交付について解説しょう。

「顔写真がイヤ」という理由で免許の再交付は可能!

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

「運転免許証の顔写真が変でイヤだ」という人は意外と多いだろう。ゴールドなら最長で5年も利用する運転免許証だけに、身分証を提出するたびに嫌な気分になる。何とかならないものか……。
 実は、2019年12月に道交法が改正され、免許証再交付要件も緩和されている。これによって「免許証の写真を変更したい場合」でも再交付の申請が可能となったのだ。つまり“運転免許証の顔写真が変でイヤだ”という理由でも運転免許証の再交付が認められるのである。しかも、従来3,500円かかっていた再交付手数料は2,250円に値下げされているのがうれしい。
 ただし、運転免許証に使用できる写真には決まりがあるので、再交付を申請する場合は十分気を付けよう。

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

(Image:keishicho.metro.tokyo.jp)

大きい画像を表示

運転免許証の写真は、縦3cm×横2.4cmで、カラー、無帽(宗教上又は医療上の理由がある場合を除く)、正面、上三分身、無背景
申請前6カ月以内に撮影したもの、目の色や大きさが変わるため、カラーコンタクト等の使用は不可となっている(警視庁公式サイトより)

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

(Image:keishicho.metro.tokyo.jp)

大きい画像を表示

不適切な写真例。顔が隠れている、背景が同一色でない(青でなくてもOK)、変顔、スマホアプリでの加工写真などはNGだ(警視庁公式サイトより)

そもそも免許証の顔写真は持ち込みOKって知ってた?

 そもそも、運転免許証の顔写真は一部地域を除いて、持ち込み写真を使うことが可能である。街中にある証明写真機の写真で納得できる写真を撮って、それを免許更新時に持ち込めばいいのだ。手数料や発行時間はよけいにかかるが、「免許証の顔写真がイヤ」という理由で再交付するくらいなら、更新時に初めからお気に入り写真を持ち込んだほうがよいだろう。
 最近は、免許証の写真は宗教的な理由で頭部を布で覆ったり医療上の理由で帽子をかぶることなどが認められている。ただし、変顔やスマホアプリで加工した写真はNG。背景も単一色でないとダメなので、再交付手続きをする前に、警察の公式サイトなどでしっかり確認しておこう。
 ちなみに、運転免許証の再交付は、「有効期間の元号を令和に書き換えたい」「臓器提供の意思欄を変更したい」といった理由でも認められる。

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

運転免許証の更新や再交付で使用する顔写真は、街中にある証明写真機で納得できるものを撮影して持ち込もう。スナップ写真などは使えないので要注意!

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOK

運転免許証の裏面にある臓器提供の意思欄を変更したいという理由でも、再交付は可能である

●警視庁「申請用写真のご案内」(公式)は→こちら

実は、運転免許証の顔写真は自由に変更できるって知ってた! 変顔が嫌という理由でもOKのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ自動車警察庁運転免許証】の最新ニュースをいち早くお届けします。