LINE(ライン)通話で相手の音声が聞こえない、通話中に音が途切れるときの対処法

友だちや家族との通話に便利なLINE通話。無料で使えるおトクな機能だが、通話中に音が途切れたり、音が聞こえないといったトラブルが起きることも少なくない。このようなトラブルに遭遇したら、今回紹介する方法を試してみよう。

問題がどこにあるかを切り分ける「テスト通話」を試す

 LINE通話の音声トラブルの場合、自分と相手のどちらに問題があるかを切り分けるのが解決の第一歩だ。このときに役立つのが、話しかけた音声が録音・再生される「テスト通話」機能だ。この機能で再生される音声は、通話相手が聞こえるのと同じもの。つまり、ここで音声が聞きづらかったり、聞こえないなら、自分側の環境に問題があるということになるので対応が必要だ。逆にここで問題がなければ、相手側の問題となるので相手に対応してもらう必要がある。

LINEの設定画面を開いたら、「通話」→「テスト通話」をタップする

音声録音の確認メッセージが表示されるので、「OK」をタップする

音声ガイドが流れ「ピー」という発信音の後に10秒間の録音が始まる。10秒経つと録音した音声が再生されるので、音声に問題がないかをチェックしよう。もし、音声に問題がある場合は、こちら側の問題が考えられるので、次に紹介する内容を試していく

ミュートになっていないかを確認

 相手からの音声は聞こえるが、自分の話した声が相手に聞こえない。こんなときに確認したいのが「ミュート」だ。通話画面にはミュートボタンがあり、これがオンになっているとこのような状態になる。ミュート中はノイズなども一切聞こえなくなるので、全くの無音状態が起きた場合はミュートをチェックしてみよう。

通話画面のミュートボタンがアクティブ(緑色の状態)の場合、ミュートがオンになっている。この状態だと、自分の声が相手には聞こえないのでタップしてオフにしよう。逆に相手の声が一切聞こえなくなった場合は、ミュートボタンがオンになっていないかを確認してもらおう

LINE(ライン)通話で相手の音声が聞こえない、通話中に音が途切れるときの対処法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINE通話】の最新ニュースをいち早くお届けします。