「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…

アナタは自分のスマホにどんなアプリが入っているか確認したことがあるだろうか? もしかすると、勝手に「ストーカーウェア・アプリ」を仕込まれているかもしれないぞ。そのまま放置すると、浮気や恥ずかしい性癖、さらには会社の重要情報が流出するかもしれないのだ。そこで今回は、ストーカーウェアの実態と対処方法について解説しよう。

重要な会社の情報が盗まれる場合も!

「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…

 アナタは「監視アプリ」「ストーカーウェア」「ストーカーアプリ」といった言葉を聞いたことがあるだろうか? たとえば、「ケルベロス」は“夫の浮気を監視できる”として有名なアプリで、スマホのカメラやビデオ、GPS位置情報、SMSの送信などを外部からコントロールできてしまうのだ。ほかにも、同様の機能を持ったアプリは多数存在し、密かにアナタのスマホにインストールされている可能性がある。
 彼女や奥さんがアナタの浮気を疑って仕込む場合は、自分が浮気さえしなければいいが、厄介なのはライバル企業や他国のスパイが、仕事上の情報を狙ってアナタのスマホに仕込む場合だ。もし、重要な会議内容や企業情報などを盗まれれば、「気が付かなかった……」では済まされない事態になるだろう。

「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…

(Image:cerberusapp.com)

浮気調査アプリとして有名な「ケルベロス」。使い方しだいでは悪質なストーカーウェアとして利用することも可能になる

「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…

もし、ストーカーウェアがアナタのスマホに仕込まれていると、会社の重要な会議内容もライバル会社に筒抜けになってしまうかも……

最低限スマホの画面ロックは設定しておきたい

 そもそも、スマホ用アプリは公式アプリマーケットで入手したものでも、本人がそのアプリにGPS、メール、カメラ、ストレージなどにアクセス権限を与える。そのため必ずしもストーカーウェア=違法であるとはいえないのが現状だ。実際、「遠隔操作」アプリや「GPSの位置情報検索」アプリなどは、上手に使えば非常に便利なものだが、これをストーカーが勝手にアナタのスマホに仕込んだ場合は「ストーカーウェア」に変身してしまうのである。
 では、ストーカーウェアを防ぐ方法はあるのだろうか? まずは、勝手にアプリをインストールされないように画面ロックをかけておくこと。次に、定期的にスマホのアプリを確認すること。身に覚えのないアプリがあれば即削除してしまおう。また、バッテリーの消費やデータ通信量が急に早くなった場合も要注意だ。いずれにせよ、個人情報を満載したスマホが悪用されないように管理する義務は、アナタにあるのだ。

「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…

某見守りアプリの「権限」画面。カメラ、ストレージ、位置情報、電話といった項目に自分で権限を許諾することになる。もちろん、自分で使う分には非常に便利なアプリだが、他人が勝手に仕込んでいた場合は立派なストーカーウェアとなる

●トレンドマイクロ「スマートフォン利用者を追跡するための「ストーカーウェア」とは?」(公式)は→こちら

「ストーカーウェア・アプリ」の脅威 重要な会議内容や企業情報など盗まれているかも…のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフケルベロスストーカーウェア盗聴監視】の最新ニュースをいち早くお届けします。