LINE(ライン)のトークや通話をiPhoneの「ショートカット」に設定する方法

iPhoneでLINEを使っていて、「よく連絡する友だちと、もっと簡単にトークや通話がしたい」と思ったことはないだろうか。それなら「ショートカット」を使ってみよう。ホーム画面からワンタップでトークルームを開いたり、通話を発信したりできる。

ショートカットを使えばLINEの操作がラクラク!

 iPhoneの「ショートカット」は、よく行う操作をすばやく実行するための機能だ。たとえばLINEで友だちにメッセージを送りたいとき、「LINEを起動して一覧から友だちを選び、トークルームを開いて……」と操作するのは手間がかかる。そこでショートカットを使ってみよう。ホーム画面のアイコンをタップするだけで、すぐにトークを開始できる。急いで連絡したいときにイラッとすることもなくなるはずだ。トークだけでなく、LINE通話もショートカットで発信できる。また、Siriやウィジェットを使って呼び出すことも可能だ。
 ショートカットを作成するには、Apple製のアプリ「ショートカット」を使用する。iOS 13では「ショートカット」アプリが標準で付属するようになったが、App Storeからインストールすることもできる。ただし、iOS 12以降でしか動作しないので注意しよう。

LINEと「ショートカット」アプリの連携を設定する

 「ショートカット」アプリは、ユーザーの操作内容を自動的に学習し、よく使う機能を候補として提案する仕組みになっている。そのため、あらかじめLINEでの操作を学習できるように設定しておく必要がある。
 まず、LINEアプリの「設定」で「Siriショートカット」をオンにしよう。この設定を行ったあとの操作が記録されるので、たとえば「Aさんとトークするためのショートカットを作成したい」という場合は、設定後に少なくとも一度はAさんにトークでメッセージを送信しておく必要がある。また、設定をオフにすると操作の記録がすべて消去されるので要注意だ。

LINEの「設定」→「Siriショートカット」をタップし、表示される画面で「Siriショートカット」をオンにする。この設定を行うと、以降の操作が記録され、ショートカットを作成できるようになる

 次に、iPhoneの「設定」でLINEの「ショートカット候補」をオンにする。これで、LINEの操作に関するショートカットの作成が可能になる。

iPhoneの「設定」画面を開き、「Siriと検索」→「LINE」をタップして、「ショートカット候補」をオンにする

LINE(ライン)のトークや通話をiPhoneの「ショートカット」に設定する方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneLINEショートカット設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。