COSTCO(コストコ)の会員はどれが一番お得? 種類によっては損する可能性も

アメリカ発の会員制倉庫型スーパー「コストコ(COSTCO)」は、年会費を支払って会員にならないと中に入ることすらできない。だが、コストコの会員には3種類あり、年会費やリワード(ポイント還元)に差があるため、種類によっては損していることもあるのだ。そこで今回は、コストコの会員について紹介しよう。もしかすると、今の会員では損をしているかもしれないぞ!

コストコのヘビーユーザーなら会員の変更も検討しよう!

(Image:Andy.LIU / Shutterstock.com)

 倉庫型スーパーの「コストコ(COSTCO)」は、会員にならないと入店できないメンバーシップ(会員)制になっていることはご存じだろう。元々、コストコのメンバーシップは個人向けの「ゴールドスターメンバー」と、法人向けの「ビジネスメンバー」の2種類だったが、2019年9月にはお得なリワード(ポイント還元)がもらえる「エグゼクティブ会員」も追加され、現在は3種類になっている。
 一般的には「ゴールドスターメンバー」に加入している人が多いだろうが、条件によっては年会費の安い「ビジネスメンバー」に加入できたり、コストコの利用状況によっては、2%のポイント還元がある「エグゼクティブ会員」に変更したほうが得する場合もある。これからコストコ会員になる人はもちろん、すでにコストコの会員になっている人も、改めてコストコの会員制度を見直してみよう。

【個人向け】ゴールドスターメンバー(年会費:4,400円)

(Image:costco.co.jp)

 もっとも一般的なメンバーシップ。18歳以上なら年会費4,400円(税込4,840円)で入会できる。入会するときは、身分証明書が必要になるので注意しよう。

【法人向け】ビジネスメンバー(年会費:3,850円)

(Image:costco.co.jp)

 会社や個人事業主(お店やフリーランス)などが対象になる。18歳以上で身分証明書と営業していることが分かる書類(名刺、公共料金の請求書、営業許可証など)の提出が必要。年会費は3,850円(税込4,235円)とゴールドスターメンバーより安い。

【ヘビーユーザー向け】エグゼクティブ会員(年会費:9,000円)

(Image:costco.co.jp)

 リワードでポイントが2%も還元されるため、コストコのヘビーユーザーならお得になる。18歳以上であれば年会費9,000円(税込9,900円)を支払うことで加入できる。

COSTCO(コストコ)の会員はどれが一番お得? 種類によっては損する可能性ものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフCOSTCO】の最新ニュースをいち早くお届けします。