LINE(ライン)通話中にサイドボタンを押すと通話が切れてしまうのを回避する方法

LINEの無料通話を使っているときに、iPhoneのサイドボタンを誤って押してしまい、通話が切れてしまった経験はないだろうか?このような誤操作で通話が切れてしまうのを防ぐには、LINEの設定を変更しておけばよい。

「iPhoneの基本通話と統合」をオフにする

 LINEで利用できる無料通話を家族や友だちと利用するシーンは多い。非常に便利なのだが、iPhoneのサイドボタン(電源ボタン)を誤って押してしまうと、通話が切れてしまうのが困るところ。サイドボタンは、iPhoneを持ち替えるときについつい押してしまいがちなので、「通話を切ってしまった」という事故が起きやすい。もし、この誤操作をしてしまうことが多い人は、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにしておくのがおすすめだ。この設定をオフにしておけば、サイドボタンを押してスリープ状態になっても通話が切れなくなる。
 誤操作だけでなく、バッテリーの節約にも効果がある。「iPhoneの基本通話と統合」がオンの場合、LINEの無料通話中はずっとディスプレイをオンになった状態のままなので、それだけバッテリーを無駄に使ってしまう。オフにすれば、サイドボタンを押してディスプレイをオフにできるので、その分バッテリーを節約できるというわけだ。
 なお、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにすると、着信があったときにロック画面やホーム画面では電話を取ることができなくなり、LINEアプリを開いてから電話に出る必要がある。また、電話アプリの着信履歴にも履歴が残らなくなってしまう。このようなデメリットがあるので、設定を変更するかどうかを使い方に応じて決めたほうがいいだろう。

LINE(ライン)通話中にサイドボタンを押すと通話が切れてしまうのを回避する方法

LINEの設定で「通話」を開き、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにする。これで、LINE通話中にサイドボタン(電源ボタン)を押しても通話が切れなくなる

LINE(ライン)通話中にサイドボタンを押すと通話が切れてしまうのを回避する方法

「iPhoneの基本通話と統合」をオフにすると、着信時にロック画面などでは電話が受けられなくなり、LINEアプリを開いてから電話を受ける必要がある。また、電話アプリの着信履歴にもLINE電話の履歴は残らなくなる

通話が盛り上がっているときに、誤操作での切断は避けたいところ。また、長電話する人にとってはバッテリーの節約も大きな問題だ。これらの問題を回避するには「iPhoneの基本通話と統合」をオフにしてみよう。

LINE(ライン)通話中にサイドボタンを押すと通話が切れてしまうのを回避する方法のページです。オトナライフは、【SNSLINELINE通話設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。