コストコ(COSTCO)全倉庫店で高齢者や身体が不自由な会員を優先する特別営業時間を実施へ

2020年4月3日、コストコ(COSTCO)は新型コロナウイルス対策として、2020年4月から毎週火曜日に特別営業時間を設けると発表した。優先対象となるのは65歳以上の高齢者や身体が不自由な会員となる。今回は、コストコでは異例となる特別営業時間について解説しよう。

4月末まで毎週火曜は朝8時から特別営業を実施!

コストコ(COSTCO)全倉庫店で高齢者や身体が不自由な会員を優先する特別営業時間を実施へ

(Image:costco.co.jp)

大きい画像を表示

 新型コロナウイルス対策のため、間もなく日本でも緊急事態宣言が出される見込みだが、倉庫型会員制スーパーのコストコ(COSTCO)では、2020年4月7日から全倉庫店において特別営業時間を設定することになった。コストコは通常、朝10時(祝日は9時)からオープンされるが、65歳以上の高齢者や身体が不自由な会員に限り、朝8時~9時45分までの特別営業時間で優先的に買い物をすることができるという。この措置は4月末までの毎週火曜日のみで、入店にはマスク着用が必須となる点は注意したい。
 また、コストコでは新型コロナウイルスの感染を防ぐため、2メートル程度の距離を保つことや手洗いは最低でも20秒程度行うことを会員に願いしている。

 

■コストコの特別営業時間
【対象者】65歳以上または身体が不自由な会員
※入店にはマスクの着用が必須
【営業時間】朝8時~9時45分まで
【対象倉庫店】 全倉庫店
【期間】 4月末までの毎週火曜日(4/7、4/14、4/21、4/28)

コストコ(COSTCO)全倉庫店で高齢者や身体が不自由な会員を優先する特別営業時間を実施へ

(Image:costco.co.jp)

「コストコ(COSTCO)」では、新型コロナウイルスの影響で、特定の商品が入手困難な時期もあったが、現在ではマスクを除き、飲料水、ペーパータオル、トイレットペーパー、お米、パスタなどは十分な在庫を確保しているという

マスクは入荷しだいコストコオンラインで発売予定

 新型コロナウイルスの影響で、特定の商品が入手困難な時期もあった「コストコ(COSTCO)」だが、現在では飲料水、ペーパータオル、トイレットペーパー、お米、パスタなどは十分な在庫を確保している。ただし、マスクに限っては依然として十分な在庫を用意することが難しい状況が続いている。マスクが入荷した場合は、コストコオンラインで販売するそうなので、マスク不足に悩んでいる会員はコストコオンラインをチェックしよう!
 コストコオンラインなら実店舗に行かなくても商品を購入できるので、今後、緊急事態宣言が出された場合は強い味方になるだろう。

コストコ(COSTCO)全倉庫店で高齢者や身体が不自由な会員を優先する特別営業時間を実施へ

(Image:costco.co.jp)

マスクが入荷した場合は、まずコストコオンラインで販売される予定

●COSTCO(コストコ)「重要なお知らせ」(公式)は→こちら

コストコ(COSTCO)全倉庫店で高齢者や身体が不自由な会員を優先する特別営業時間を実施へのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフCOSTCO新型コロナウイルス】の最新ニュースをいち早くお届けします。