iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾える

広い会場での会議や講義などでは、相手の声が聞き取りづらいことがある。そんなときに使いたい裏ワザが「iPhoneをワイヤレスマイクにする」というもの。iPhoneとAirPodsなどのワイヤレスヘッドフォンがあれば、離れた場所の音声を拾って聴くことができるようになる。

「ライブリスニング」機能を使ってiPhoneをマイク代わりに

 iPhoneの「ライブリスニング」機能は、iPhoneで拾った音声をAirPodsなどのワイヤレスヘッドフォンで聴くことができるというもの。元々は補聴器としての機能だが、騒がしい場所や離れた場所の音声を聞き取るのに便利なので、知っていると日常でも便利に使えるだろう。音声の遅延もほとんどないので、違和感なく音声を聞くことが可能だ。
 使い方は難しくなく、コントロールセンターに「聴覚サポート」を追加しておけば、すぐに利用が可能になる。なお、ライブリスニングに対応しているワイヤレスヘッドフォンは、AirPods、Powerbeats Pro、「Made for iPhone」認定を受けた補聴器となっている。
 なお、ライブリスニング中に電話の着信があったり、音楽を再生したりすると中断されるので注意しよう。

iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾える

設定アプリで「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」を開き、「聴覚」の「+」をタップして追加する

iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾える

AirPodsを接続した状態でコントロールセンターを開き、聴覚サポートのアイコンをタップする

iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾える

利用できるワイヤレスヘッドフォンが接続されていれば、その名前が表示される。ライブリスニングを開始するときは「オフ」をタップする。なお、ワイヤレスヘッドフォンが接続されていないときは、「現在のオーディオルートでは使用できません」と表示される

iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾える

ライブリスニングが有効になり、表示が「オン」に変わる。あとはiPhoneを聴きたい人の近くに置けばOKだ

Bluetoothで接続できる範囲であれば、音声を拾って訊くことが可能だ。離れた場所の音声を聞くのに非常に便利な機能なので、会議などで聞き取りづらいときはぜひ使ってみてほしい。

iPhoneをワイヤレスマイクにしてAirPodsで聞く裏ワザ 離れた場所の音声を拾えるのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAirPodsAirPods ProiPhoneイヤホンワイヤレスマイク設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。