無印良品の「体にフィットするソファ」をおすすめしない理由は単純だった

ベーシックで使いやすく、シンプルなデザインで、老若男女問わず人気の無印良品。
インテリアからファッション、文具にフードなどその品揃えの豊富さも魅力と言えるでしょう。
日本のみならず、世界でも愛される無印良品は日本が誇るブランドとなっています。
アメリカに旅行に行ったとき、道に迷った私を助けてくれた現地のイケメンが「無印良品」の紙袋を持っていた時は、誇らしくさえ感じました。「アイムジャパニーズ!」「oh!MUJI!」という浅い会話も鮮明に覚えています。
そんな無印良品にはいくつもの大ヒット商品があります。その代表の一つであるビーズクッション「体にフィットするソファ」。
人気であるがゆえに口コミもピンキリではありますが、実際に購入し、一年使用してみた私のレビューをご紹介したいと思います。

体にフィットするソファとは?

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

「体にフィットするソファ」は展示品のある店舗が多く、立ち寄った際に実際に座ってみたという方も多いのではないでしょうか。
身体を全て委ね、どんな姿勢でも優しく包み込んでくれる、何とも言えない座り心地に癒される……
これが私のファーストインプレッション!
今までのソファの形とは打って変わって、大きなクッションのようなデザイン。
どんな座り方をしても身体にフィットしてくれて、使い方・座り方も様々なバリエーションを楽しめるソファです。
私の認識ではここ数年で人気が出てきた割と最近の商品かと思っていましたが、2002年の発売開始という18年もの歴史ある品物でした。
本体の中身であるビーズを改良したり、カバーの素材を改良するなどして進化を遂げてきました。

無印良品の「体にフィットするソファ」をおすすめしない理由は単純だったのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフYogiboニトリ人をダメにするソファ無印良品】の最新ニュースをいち早くお届けします。