iPhoneのカレンダーに不審なイベントがある! これってスパム……どう対処すればいい?

アナタのiPhoneのカレンダーに、まったく身に覚えのない不審なイベントが登録されていないだろうか? 実は最近、iCloudカレンター機能を悪用したスパムが流行しているという。表示されたURLをタップするとフィッシングサイトに誘導されるので十分気を付けたい。そこで今回は、iPhoneのカレンダーに仕込まれるスパムの対処方法を紹介しよう。

iCloudカレンダー機能を悪用したスパムが流行中!

 情報処理推進機構(IPA)によると、2020年1月~3月にかけて「カレンダーから“ウイルスに感染している”と書かれた通知が届く」「カレンダーに身に覚えのない予定が登録されている」などの相談が急増しているという。身に覚えのない通知やイベントをタップするとフィッシング詐欺サイトへ誘導され、最悪の場合は電話番号やクレカ情報などを盗まれてしまうのだ。もし、このような不審な通知やイベントがあっても、絶対にURLをタップしないようにしよう。
 そもそも「iCloud」は、アップルが提供しているiPhoneやiPadユーザー向けのサービスで、Apple IDさえ作成すれば誰でも利用することができる。iCloudでは、iPhoneやiPad内の写真、連絡先、ストレージ(iCloud Drive)、そして「カレンダー」などを、複数デバイス間で同期できる便利な機能。しかし、今回はこのiCloudカレンダーの「共有機能」や「出席依頼機能」などが悪用されたと考えられるのだ。

身に覚えのないカレンダーの通知が表示される(左写真)。カレンダーに身に覚えのないイベントが登録されており、イベントのタイトルには「ウイルスに感染している可能性があります」などと記載されている(中写真)。イベントにはフィッシング詐欺サイトへの誘導URLが記載されている(右写真)。(情報処理推進機構(IPA)の公式サイトより)

iPhoneのカレンダーに不審なイベントがある! これってスパム……どう対処すればいい?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiCloudiPhoneカレンダーフィッシング詐欺設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。