Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

EchoなどのAlexa対応端末で音楽を楽しむ場合、「普段使っている音楽配信サービスは聴けないの?」と疑問に持つ人もいるだろう。答えはYES。Alexaアプリでスキルを追加すれば、別の音楽配信サービスも思う存分楽しめる。

Alexaアプリで音楽配信サービスのスキルを追加する

 Amazon EchoシリーズやFire TVシリーズなどのAlexa対応端末では、話しかければ手軽に音楽を楽しむことができる音楽好きにとっては最高のデバイス。初期状態ではAmazonが提供する「Prime Music」や「Amazon Music Unlimited」が利用できるが、できれば普段使っている音楽配信サービスで楽しみたいと思う人も多いと思う。そんな人は、Alexaアプリでスキルを追加しよう。好みの音楽サービスをAlexa対応端末で楽しむことが可能になる。
 Alexa対応端末で現在対応している音楽配信サービスは、「Apple Music」「Spotify」「AWA」「dヒッツ」「うたパス」など。スキルを追加すれば、これらのサービスで楽しめる楽曲が利用できるだけでなく、自分が作成したプレイリストなどの再生も可能になる。

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

Alexaアプリを起動し、画面左上の「≡」→「設定」をタップする

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

設定画面が表示されるので、「ミュージック」をタップする

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

ミュージック画面が表示されるので、「新しいサービスをリンク」をタップする

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

利用できる音楽配信サービスが表示されるので、使いたいサービスをタップする

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

スキルの設定画面が表示されるので、「有効にして使用する」をタップする。あとは画面の指示にしたがって、サービスへログインすれば利用できるようになる

普段使っている音楽配信サービスをデフォルトにする

 スキルを有効にすると「アレクサ、(サービス名)で音楽をかけて」といったように話しかければ、そのサービスで音楽を再生してくれる。しかし、いちいちサービス名を言うのは面倒だろう。その面倒を解消するには、デフォルトのサービスを普段使っている音楽配信サービスに変更すればよい。これだけで「アレクサ、音楽をかけて」と話しかければ、その配信サービスから音楽が再生されるようになる。
 なお、デフォルトサービスには「デフォルトのミュージックライブラリ」と「デフォルトのステーション」の2種類があり、個別に設定が可能。「デフォルトのミュージックライブラリ」では、曲やアーティスト、アルバム、プレイリストなどの曲を再生するサービスを選択。「デフォルトのステーション」では、ラジオを再生するサービスを選択しよう。

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

Alexaアプリを起動し、画面左上の「≡」→「設定」→「ミュージック」をタップする。サービス一覧が表示されたら、「デフォルトサービス」をタップする

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法

「デフォルトのミュージックライブラリ」と「デフォルトのステーション」で、それぞれ利用したいサービスにチェックを付ける

家のあちこちで手軽に音楽が楽しめるEchoやFire TVなどのAlexa対応端末。使い慣れた音楽配信サービスで音楽を楽しみたいという人は、今回紹介した方法で設定を変更しておくのがおすすめだ。

※サムネイル画像(Image:antb / Shutterstock.com

Amazon EchoなどのAlexa対応端末で別の音楽配信サービスを利用する方法のページです。オトナライフは、【動画・音楽AlexaAmazonAmazon Music UnlimitedEchoFire TVPrime Music】の最新ニュースをいち早くお届けします。