iPhoneでWi-Fiに自動接続しないようにする方法 自動接続をオフにして回避しよう

iPhoneは、接続したことのあるWi-Fiスポットのエリアに入ると自動的に接続する機能がある。一見便利そうだが、電波の弱いWi-Fiスポットに接続されてしまうと、通信速度が遅すぎて使い物にならないことも。このような事態をなくすには自動接続をオフにしておこう。

Wi-Fiへの自動接続をオフにする

 街中や駅・地下鉄などで利用できるWi-Fiスポット。モバイル通信を節約できるので活用している人も多いはず。だが、Wi-Fiスポットによっては通信速度が低速だったり、電波が非常に弱く接続自体が不安定だったりすることがある。このような不安定なWi-Fiスポットに接続してしまうと、非常にイライラするものだ。
 厄介なのは、iPhoneでこのようなWi-Fiスポットに接続してしまったときのこと。iPhoneは一度接続したWi-Fiスポットの情報を記憶してしまい、そのエリア内に入ると自動接続するようになってしまう。iPadやMacを同じApple IDでサインインしていると、アクセスポイントの情報を共有してしまうのも厄介な点だ。
 また、使ったことがないはずのWi-Fiスポットを拾ってしまうことがあるのも問題のひとつ。メジャーな無料Wi-Fiスポットは、どの場所でもアクセスポイント名が同じなため、その場所で接続したことがなくても同じWi-Fiスポットと認識してしまう。たとえば、電車に乗っていて駅に着くたびに微弱なWi-Fiを拾ってしまうのはこれが原因だ。
 このようなストレスを解消するには、Wi-Fiごとに自動接続するかどうかを設定しておけばよい。自動接続をオフにしておけば、自分が接続しない限り勝手に接続することがなくなる。

iPhoneでWi-Fiに自動接続しないようにする方法 自動接続をオフにして回避しよう

設定アプリで「Wi-Fi」を開き、自動的に接続したくないWi-Fiスポットの「i」をタップする

iPhoneでWi-Fiに自動接続しないようにする方法 自動接続をオフにして回避しよう

Wi-Fiの設定画面が表示されるので、「自動接続」をオフにする

通信が安定しないWi-Fiに勝手に接続されてしまうのは、結構イライラするもの。自動接続をオフにしておけばこのようなイライラは解消できるので、Wi-Fiスポットをよく利用する人は適宜設定を見直しておこう。

iPhoneでWi-Fiに自動接続しないようにする方法 自動接続をオフにして回避しようのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidApple IDiPadiPhoneMacWi-Fi】の最新ニュースをいち早くお届けします。