「iTunes サブスクリプション」を騙るユルすぎる詐欺メールが突っ込みどころ満載だった

筆者のところにはちょいちょいAppleやAmazonを騙るフィッシング詐欺メールが届くが、今回届いたのは「iTunes サブスクリプションの確認 ¥6,550」である。さっそく確認したところ、突っ込みどころ満載のユルすぎ詐欺メールだったので、その内容を報告したいと思う。もちろん、このような詐欺メールは相手にせず無視してほしい。

突っ込みどころ満載の詐欺メールの内容を紹介!

「iTunes サブスクリプション」を騙るユルすぎる詐欺メールが突っ込みどころ満載だった

(Image:apple.com)

大きい画像を表示

 筆者は仕事柄、海外の怪しいサイトを検索することも多いので、Apple、Amazon、Googleなど有名企業を騙るフィッシング詐欺メールが毎日のように届く。そのため、メールを見た瞬間に“詐欺”かどうか見抜けるようになってしまったのだが、今回筆者のところに届いたのは「iTunes サブスクリプションの確認 ¥6,550」という詐欺メールである。数ある詐欺メールのなかから、わざわざこれを紹介するのは、メールの内容が突っ込みどころ満載で、本当に騙す気があるのか疑いたくなるような内容だったからだ。アナタも詐欺メールに騙されないように、詐欺メールを見分ける方法を確認しておこう。

 これが「iTunes サブスクリプションの確認 ¥6,550」という詐欺メールの内容だ。上から順番に見て行こう。(1)発信者のアドレスが違う。正規のApp Storeからのメールは「no_replay@email.apple.com」となっているはずだ。(2)本物ならメールの頭にアナタの本名やApple IDが記載されているはず。「あなた」なのは不特定多数に送っている証拠。(3)購読がApple Music (個人・ファミリー)メンバーシップ」ではなく、「Apple ミュージック会員」になっている。契約内容が確認できないのはおかしい。(4)購入日が「今日」となっている。契約の話なのに日付けがないのはありえない。これも不特定多数に送っている証拠。(5)無料トライアルは「3カ月」なのに、なぜか「1カ月」となっている。しかも「1ケ月」と「1か月」が混在しているのも不自然。(6)価格が6,550円は高すぎる。正しい料金は個人は月額980円、ファミリーは月額1,480円のはず。(7)キャンセルのリンクに謎の英数字が! 本物なら絶対にこんな表示はない。(8)「よろしく,」って……友だちかよ!と突っ込みたくなるフレンドリーさが笑える。
 ほかにも突っ込みどころはあるが、まさに詐欺メールの見本市のようだ。アナタも疑わしいメールが届いたら、このような部分をチェックして詐欺メールを見抜いてほしい。

「iTunes サブスクリプション」を騙るユルすぎる詐欺メールが突っ込みどころ満載だった

(Image:apple.com)

こちらは本物iTunes Storeの写真。無料トライアルは3カ月で、個人は月額980円、ファミリー(6人まで)は月額1,480円となっている。詐欺メールの6,550円は高すぎる!

「iTunes サブスクリプション」を騙るユルすぎる詐欺メールが突っ込みどころ満載だった

(Image:yahoo.com)

大きい画像を表示

詐欺メールのURLリンク先のフィッシング詐欺サイトは、当局に追跡されないよう、すぐに消されてしまうことも多い。一応、今回の詐欺メールのURLリンクを踏んでみたが、やはり詐欺サイトは消された後のようで、本物の米国Yahoo!サイトが開いた。

参照元:Apple「コミュニティ」は→こちら

●Apple「App Store や iTunes Store からの正規のメールを識別する」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Primakov / Shutterstock.com

「iTunes サブスクリプション」を騙るユルすぎる詐欺メールが突っ込みどころ満載だったのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAppleiTunesフィッシング詐欺詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。