自動車税の支払いを先延ばしや分割にできる方法があった! コロナ禍で徴収猶予措置も……

毎年5月になると自動車税を納付することになるが、数万円の自動車税を今一括払いするのは厳しいという人もいるだろう。そこで今回は、自動車税の支払いを先延ばしにしたり、分割にする技を紹介しょう。しかも、今年は新型コロナウイルスの影響で、徴収猶予や分割納付の特例措置もあるぞ!

クレカを使えば引き落としまで時間稼ぎができる!

 毎年5月になると自動車税の納付通知書が送られてくるが、車種によっては10万円超の場合も……。金欠のときは、なんとかして自動車税の支払いを先延ばしにしたい人もいるだろう。
 自動車税の支払いを先延ばしする技としては、まずクレカで支払う方法がある。クレカ払いは決済手数料が330円程度取られるが、実際にお金が銀行で引き落としになるまでの時間稼ぎができるし、分割やリボ払いにすることも可能(利子が15%程度かかるので注意!)。もちろん、クレカ払いで0.5〜1%程度のポイント還元もあるので、決済手数料がチャラになることもあるのだ。詳しくは『実際に筆者が自動車税をクレカ払いしてみた! 車検が近い人は注意が必要だ!』を参照してほしい。
 また、電子マネーの「nanaco」や「WAON」なども、クレカでチャージして支払えば時間稼ぎが可能。しかも、コンビニでの支払い手数料もかからないのでクレカでチャージしたポイントは丸ごと得するのだ。キャッシュレス決済については『コンビニで自動車税のキャッシュレス払い(クレカ・QRコード決済)はどの方法が一番お得?』を参考にしてほしい。

(Image:Oliver Hoffmann / Shutterstock.com)

クレカの締め日は、毎月15日締めの翌月10日払いや、毎月末締めの翌月27日払いなど、会社によってさまざまなので、事前に確認しておきたい。

(Image:nanaco-net.jp)

nanacoならコンビニで自動車税を支払える。支払いでポイントはもらえないが、手数料は無料で事前にセブンカード・プラスでチャージしておけば、200円で1pt(0.5%)のポイント還元もある

自動車税を滞納するととんでもないことに!

 2020年は5月31日が日曜なので6月1日が納付期限となっているが(青森県と秋田県は6月末日)、もし自動車税を支払わないとどうなるのだろうか? 
 まず、期限内に支払わないと延滞金が発生する。延滞金の利率は、納付期限の翌日から1カ月は2.6%、1カ月を過ぎると8.9%なので注意しよう。もし、いつまでも支払わないで放置しておくと、自動車の車輪をロックされたり、最悪の場合は給与の差し押さえなどの強制措置もあり得るのだ。ただし、いきなりこのような強制措置がとられるわけではなく、最初は督促状などが自宅に届くので、この段階で支払えば強制措置は免れる。もちろん、自動車税を滞納している間は車検を通せないので注意しよう。
 どうしても自動車税を一括で支払えない場合は、都道府県の税事務所に相談して分割払いにしてもらう方法もある。「支払う意思はあるのにどうしても支払えない」と認められれば、分割支払いが可能になるケースもあるという。

どうしても自動車税を一括で支払えない場合は、都道府県の税事務所に相談してみよう。今なら新型コロナウイルスによる救済措置もある

自動車税の支払いを先延ばしや分割にできる方法があった! コロナ禍で徴収猶予措置も……のページです。オトナライフは、【マネーnanacoWAONクレカ新型コロナウイルス自動車税】の最新ニュースをいち早くお届けします。