Googleドキュメント「提案モード」の活用法 作業を大きく効率化できる

変更前の文書を確認する

 Googleドキュメントには変更履歴を管理する機能も備わっている。これを使えば、変更を承認した後でも前の版の文書を確認したり、誰がどのような変更をしたのかを確認したりすることが可能。必要に応じて版を切り戻すこともできるので、誤った修正を承認してしまっても大丈夫だ。

ドキュメントの上部にある「変更内容をすべてドライブに保存しました」や「○○時間前に変更しました」と書かれたリンクをクリックする

版の履歴が表示される。版をクリックすると、その版の内容が表示される

版を復元したい場合は、「版の復元」をクリック。メッセージが表示されるので「復元」をクリックすれば、選択した版に切り戻すことができる

Googleドキュメントの提案モードを使うことを前提にしてグループ内で役割を割り振れば、文章の校正や変更点の確認時間が大幅に短縮。より効率的に文章を作成できる。リモートワークのようにグループに参加している人が離れていても効率よく作業ができるだろう。

Googleドキュメント「提案モード」の活用法 作業を大きく効率化できるのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleクラウドストレージドキュメント】の最新ニュースをいち早くお届けします。