Apple Watchを手動でWi-Fiに接続する方法 ペアリングしたiPhoneがない場合など

Apple WatchのGPSモデルの場合、近くにペアリングしたiPhoneがない場合や、iPhoneの電源が切れている場合、ネット環境が必要なアプリが利用できない。しかし、手動でWi-Fiに接続すれば、これらのアプリも使うことが可能になる。

若干の制限はあるが手動でもWi-Fiに接続できる

 GPSモデルのApple Watchは、ネットへの接続をペアリングしているiPhoneに依存している。これは、Bluetoothを使ってiPhoneと通信し、消費電力を節約して通信を行っているからだ。そのため、近くにiPhoneがなかったり電源が切れている場合、ネット接続が必要なアプリ(メッセージ、リマインダー、天気予報など)が利用できなくなってしまう。
 基本的にiPhoneが必須なApple Watchだが、単体でWi-Fiへ接続できることはご存じだろうか。手動でWi-Fiに接続させれば、ネット接続が必要なアプリもApple Watch単体で利用することが可能だ。
 なお、Apple WatchでWi-Fiに接続するには、2.4GHz帯で接続できるアクセスポイントが必要。また、コンビニの無料Wi-Fiのようにログインが必要なアクセスポイントなどには接続できない。このように若干の制限はあるが、一度接続したアクセスポイントはApple Watchに記憶されるので再接続は容易だ。

手書き画面が表示されるので、入力する文字を一文字ずつ書いていく

接続できるアクセスポイント名が表示されるので、接続するものをタップする

パスワードの入力方法が表示される。Apple Watchで入力する場合は、左側の手書きアイコンをタップする

手書き画面が表示されるので、入力する文字を一文字ずつ書いていく

文字が誤認識された場合は、デジタルクラウンを回す。書いた文字に近い候補が表示されるので、入力したい文字を選択すればその文字が確定する。すべて入力できたら、右上の「Join」をタップして接続すればよい

ペアリングしているiPhoneが何かしらの原因で使えない場合、Apple WatchのWi-Fi接続方法を知っておくと役立つことがあるだろう。GPSモデルのApple Watchユーザーはぜひ覚えておいてほしい機能だ。

Apple Watchを手動でWi-Fiに接続する方法 ペアリングしたiPhoneがない場合などのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidApple WatchiPhoneWi-Fiスマートウォッチペアリング設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。