PayPay(ペイペイ)に微妙に余っている残高を使い切るにはどうすればいいの!?

当初は100億円キャンペーンなどで人気を集めたスマホ決済アプリの「PayPay」だが、最近では昔ほどの高額ポイント還元もないため、ライバルアプリに乗り換えた人もいるだろう。ところが、微妙に残ってしまったPayPay残高を使いきるのは意外と難しいのをご存じだろうか? そこで今回は、PayPay残高を完全に使い切る方法を紹介したいと思う。

PayPay残高+現金併用払いはNGなの知ってた?

 急速に普及してきたスマホ決済アプリ。そのなかでも大型キャンペーンでユーザーを増やしたのが「PayPay(ペイペイ)」だ。2020年2月現在では2,500万超のユーザーが登録していると言われているが、最近は大型キャンペーンも少なくなり、昔ほどのメリットは感じられない。しかも、d払い、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイといったライバルも台頭してきており、すでにPayPayはあまり使っていないという人もいるだろう。でも、“PayPayにチャージした残高が微妙に数百円残ったまま”という人も多いのでは? これって、どうすれば全部使い切れるのだろうか……。
 たとえば、500円の商品を買うときPayPay残高が500円未満だった場合は、「PayPay残高が不足しています」と表示され、追加チャージするかPayPayに登録したクレカで支払うしかない。実はPayPayの公式サイトには「お支払い時に、複数の支払い方法を併用することはできません」とあり、原則として、買い物をするときにPayPay残高+現金を併用して支払うことはできないのである。それでは、いったいどうすればPayPay残高をキレイに使い切ることができるのだろうか?

(Image:paypay.ne.jp)

PayPay公式サイトには「お支払い時に、複数の支払い方法を併用することはできません」とあり、原則としてPayPay残高と現金を併用して支払うことはできない

ビックカメラはPayPay+現金併用払いが可能だった!

 QUOカードなどのプイペイドカードやSuica、nanaco、WAONなどの電子マネー系では、残高が不足していても、足りない分を現金で払うことが可能だ。しかし、PayPayではこのような支払い方法ができないため、PayPay残高とピッタリ同じ金額の商品を買わない限り、PayPay残金を完全に使い切ることはできないのである。
 ところが、PayPay残高を使い切る意外な方法があった。実は、一部の飲食店や家電量販店ではPayPay+現金払いが可能なのである。もっとも確実なのはビックカメラグループ(ソフマップ・コジマ)で、PayPay残高+残金を現金あるいはビックポイントで支払うことができる。また、ヤマダ電機はPayPay+ヤマダポイントの支払いが可能なので、近所の家電量販店や居酒屋などで、ダメ元で「PayPay+現金併用払い」が可能かどうか聞いてみるとよいだろう。
 ちなみに、PayPayマネーはジャパンネット銀行なら100円から手数料0円で出金(現金化)することも可能だが、これは銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージしたPayPay残高のみが対象である。

@bicyokonishi

ビックカメラ横浜西口店の公式Twitterでは「PayPay残高でお支払いいただいた後、残りの金額がある場合は他のお支払い方法と併用できます」とある。これは素晴らしい!

ビックカメラグループ(ソフマップ・コジマ)で、PayPay残高+現金あるいはビックポイントで支払うことが可能。ただしPayPay+他のQRコード決済(楽天ペイを除く)、クレカ、電子マネーは不可である

(Image:paypay.ne.jp)

実はPayPayマネーはジャパンネット銀行なら手数料0円で出金することも可能。しかし、対象となるのは銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージしたPayPay残高のみだ

PayPay(ペイペイ)に微妙に余っている残高を使い切るにはどうすればいいの!?のページです。オトナライフは、【マネーnanacoPayPayQRコード決済Suicaキャッシュレスビックカメラ】の最新ニュースをいち早くお届けします。