同じサイズのiPhoneスマホケースを購入したのに使えない! どうなっているの?

iPhoneにはさまざまな機種があり、それぞれの機種に対応した保護カバーがたくさん発売されている。カバーを買うときに注意したいのは、画面のインチ数が同じiPhoneでも、本体サイズ、カメラ形状、ボタン配置などが違うと装着できないことだ。そこで今回は、わかりにくいiPhoneケースの互換性について解説したいと思う。

画面のインチ数が同じでも互換性がない場合も!

(Image:Vall Rade / Shutterstock.com)

 新しいiPhoneを購入したら、まず保護ケースやフィルムなどを買う人が多いと思う。だが、画面のインチ数が同じなら使えるだろうと思ってケースを適当に買ってしまうのはヤメたほうがよい。確かに、画面のインチ数が同じiPhoneであればケースを使いまわせる場合もあるが、画面のインチ数はあくまでも“対角線の長さのこと”なので、本体サイズ(縦横厚さ)が一致するとは限らない。しかも、本体サイズが同じでも、カメラ形状やボタン位置が異なると使えない場合もあるので、iPhoneのケースを買うときは必ず“互換性”に注意しなければならないのだ。そこで、今回はiPhoneのインチ数ごとに互換性を確認してみたい。
 まず、6.5インチのiPhone 11 Pro MaxとXS Maxは、本体サイズが微妙に異なるうえに、カメラの形状が異なるため互換性がない。次に6.1インチのiPhone 11とXRは本体サイズがまったく同じだがカメラ形状が異なるため、iPhone 11用ケースをXRに使うとカメラ部分に余分な空きスペースができる点には注意が必要だ(逆は不可)。

これまで発売されたiPhoneの画面インチ数の一覧表。画面インチ数が同じ機種でも本体の縦横厚さが異なっていたり、カメラ形状やボタン位置が異なる場合があるので、カバーを買うときは互換性に注意したい

(Image:apple.com)

同じ6.5インチでもiPhone 11 Pro MaxとXS Maxでは本体サイズが異なるうえに、カメラ形状やボタン位置も異なるため互換性がない

(Image:apple.com)

iPhone 11とXRは、本体サイズがまったく同じで、ボタン配置も同じなので互換性はある。ただし、カメラ形状が異なる点に注意しよう

5.5インチは4機種あるが互換性は微妙……

 5.8インチのiPhone 11 Pro/XS/Xでは、まず、XSとXは本体サイズがまったく同じで、ボタン配置も一致するので互換性がある。ただし、XはXSよりカメラが約1mm小さいので、X用のケースはXSで使えない場合もある(逆はOK)。一方、11 Proは本体サイズが他の機種と違ううえにカメラ形状も異なるため、XSやXと互換性がない。
 5.5インチのiPhone 8 PlusとiPhone 7 Plusのサイズ差は0.2mmなので、ソフトケースなら使い回しも可能。同様にiPhone 6 PlusとiPhone 6s Plusのサイズ差も0.2mmなので互換性はある。ただし、8 Plus/7 Plusと、6s Plus/6 Plusでは、カメラ形状やイヤホン位置が異なるため、使い回しは厳しい。

(Image:apple.com)

5.8インチではiPhone XSとXは互換性があるが、11 ProとXS/Sでは、本体サイズとカメラ形状が異なるので互換性はない

(Image:apple.com)

5.5インチのiPhone 8 PlusとiPhone 7 Plusは、サイズが0.2mmしか違わないのでソフトケースなら互換性あり。iPhone 6s PlusとiPhone 6 Plusも0.2mmの差なので互換性はある

同じサイズのiPhoneスマホケースを購入したのに使えない! どうなっているの?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneスマホケース互換性】の最新ニュースをいち早くお届けします。