【Suica・nanaco・WAON・楽天Edy】電子マネーを紛失するとどうなる? 補償されるの?

クレジットカードは不正利用されても被害は補償されるが、Suica、nanaco、WAON、楽天Edyなどの電子マネーを紛失したり盗まれた場合はどうなるのだろうか? クレカのように補償されるの? そこで今回は、電子マネーの紛失・盗難の場合の対処方法と補償について解説しよう。 

交通系ICカードは記名式のみ補償が受けられる!

 クレジットカード(以下クレカ)を紛失したり盗まれた場合は、カード会社に連絡して利用停止手続きをすれば60日以内の被害は補償してもらえる。しかし、Suica・nanaco・WAON・楽天Edyといった電子マネーの場合はどうなのだろうか?
 まず、SuicaやPASMOなどの交通系のICカードは、所有者の情報を登録する「記名式」と登録のない「無記名式」の2種類があり、記名式だけが補償対象となる。記名式の場合は駅の窓口で利用停止の手続きすればその時点での残高が補償される。残念ながら利用停止前に不正利用されたお金は補償されない。また、SuicaやPASMOの場合は、再発行手数料(520円)+デポジット(500円)=1,020円がかかる。詳しくは『ICカードのSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)は「記名式」に変更すれば紛失しても再発行可能!』を参照してほしい。なお、クレカ機能付の場合はクレカの利用停止手続きも行うこと。また、モバイルSuicaは携帯電話会社ではなく、モバイルSuicaコールセンターに連絡して利用停止&再発行手続きをする必要がある。

(Image:jreast.co.jp)

Suicaは手数料がかかるものの「記名式」のみ残高補償が受けられる。「無記名式」は補償されないので要注意!

オートチャージ機能付は被害が拡大する恐れも!

 電子マネーにはクレカ一体型でオートチャージ機能が使えるものがある。オートチャージは残高が足りないときに自動的にチャージされるので便利だが、盗まれたときは不正利用の損害が大きくなってしまう恐れがある。実際、楽天Edyでは過去にオートチャージによって290万円も不正利用された事例があるのだ。
 そんなことにならないように、楽天Edyを紛失したらすぐに利用停止とオートチャージ停止の手続きを行おう。ただし、楽天Edyはさまざまな形態があり、手続方法も異なるので注意しよう。まず、おサイフケータイ/おサイフケータイジャケットの場合は携帯電話事業者に連絡して解約手続を行うが、事前登録されていないと残高の引き継ぎができないので注意が必要だ。次に、クレカ・キャッシュカード一体型の場合は、クレカの運営会社や銀行に連絡しても楽天Edyを停止できないことがある。楽天Edyの利用停止とオートチャージ停止の手続きは、別途行っておくほうが確実だろう。

(Image:edy.rakuten.co.jp)

楽天Edyはさまざまな形態で利用できるが、いずれの場合も楽天Edyの利用停止やオートチャージの停止手続きを確実にしておきたい

【Suica・nanaco・WAON・楽天Edy】電子マネーを紛失するとどうなる? 補償されるの?のページです。オトナライフは、【マネーICカードnanacoPASMOSuicaWAON楽天Edy電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。