そもそも「Thunderbolt 3」と「USB Type-C」は何が違うの? 同じものなの?

Thunderbolt 3はUSB Type-C形状を利用した拡張規格!

 次に「Thunderbolt 3」について説明しよう。そもそも「Thunderbolt 3」は「USB Type-C」の形状を利用しており、見た目はまったく同じだ。しかも、「Thunderbolt 3 (サンダーボルト)」と表記されることもあるので、同じ規格だと思うのは無理のないことである。だが、この2つの規格では“扱える信号”に違いがある。
 実は、Thunderbolt 3はUSB Type-Cの“オルタネートモード(Alternate Mode)”を利用する「USB 3.1 Gen 2」対応規格である。オルタネートモードとは、USB Type-Cで別の信号を流す仕組みのことで、USBの信号以外に「DisplayPort」「Thunderbolt」「HDMI」などの信号も流せるようになっているのだ。それ以外にもThunderbolt 3は「最大40Gbpsの高速データ転送」「100Wの電力供給」「4Kモニタを2台同時表示」などが可能となっている。したがって、USB Type-Cは必ずしもThunderbolt 3ではないが、Thunderbolt 3なら必ずUSB 3.1 Gen 2 Type-Cに対応しており、映像出力などの拡張機能も利用できると覚えておけばいいだろう。

(Image:amazon.co.jp)

Amazonで販売されている「Thunderbolt 3」ケーブル。20Gbpsや100W充電などに対応しており、USB Type-Cと互換性がある

(Image:apple.com)

最新のMacBook Proなどに採用されている「Thunderbolt 3」。見た目はUSB Type-Cと同じだが、最大40Gb/s、最大4大の4Kディスプレイ出力、100Wの電力供給が可能

●参照元:分かりづらいThunderbolt 3とUSB Type-Cの違いを詳しく解説【HANPEN-BLOG】

文=すずきあきら/編集・ライター

Plugable Thunderbolt 3 ケーブル 20Gpbs 100W 充電対応

Plugable Thunderbolt 3 ケーブル 20Gpbs 100W 充電対応

アマゾンで購入

そもそも「Thunderbolt 3」と「USB Type-C」は何が違うの? 同じものなの?のページです。オトナライフは、【デバイスAndroidiPhoneMacThunderbolt 3USB Type-Cケーブルノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。