【朗報!】楽天ペイがSuicaと提携! Suicaにチャージして楽天ポイントがもらえる

楽天ペイがJR東日本の「Suica」と提携。おサイフケータイ対応AndroidでSuicaの発行が可能になるサービスを2020年5月25日より開始した。しかも、楽天カードでSuicaにチャージすると200円で楽天ポイントが1ptもらえてお得なのだ!

楽天ペイの赤いSuicaにチャージして0.5%還元!

(Image:pay.rakuten.co.jp)

 2020年5月25日より、楽天ペイとJR東日本はスマホ決済アプリ「楽天ペイ」で、JR東日本の交通系ICカード「Suica」の機能を利用できるサービスを開始した。
 対応するのは“おサイフケータイ機能に対応するAndroidスマホ”のみで、楽天ペイアプリをインストールするか最新版にアップデートすることでSuicaの発行が可能となる。これにより、電車やバスに乗ったりSuica加盟店で買い物するなど、Suicaとしての機能が利用できるようになる。もちろん、クレカでSuicaにチャージすることも可能で、200円チャージするごとに1pt(0.5%)がもらえるのだ。ただし、チャージできるクレカは「楽天カード」のみとなる。また、今後は保有する楽天ポイントからチャージすることも可能にする予定。
 なお、定期券、Suicaグリーン券の購入などは「モバイルSuica」アプリの利用が必要となる。

(Image:pay.rakuten.co.jp)

「楽天ペイ」アプリを、Androidにインストールするか既存アプリを最新版にアップデートすると、アプリ内でSuicaの発行が可能となる

(Image:pay.rakuten.co.jp)

スマホでクレカチャージが可能。チャージ200円につき楽天ポイントが1pt(0.5%)付与される。ただし、チャージ可能なクレカは「楽天カード」のみとなっている

iPhoneでもチャージで0.5%還元を受けられる!

 今回の楽天ペイとSuicaの連携は、おサイフケータイ機能のAndroidスマホのみが対象で、残念ながらiPhoneには対応していない。しかし、2020年5月25日からはiPhoneでも「楽天カード」を利用してSuicaにチャージすることで、200円につき1ポイント(0.5%)の楽天ポイントをもらえるようになっている。ただし、チャージによるポイント還元を受けるには、「楽天ペイ」アプリ内のリンクからキャンペーンページにエントリーしたうえで、「モバイルSuica」アプリか「Apple Pay」で楽天カードからSuicaにチャージする必要がある点は注意しよう。
 ちなみに、JR東日本のクレカ「JRE CARD」などでSuicaにチャージすると、ポイント還元が通常の3倍(1.5%)にアップするので、楽天のサービスをメインで使っている人でないと恩恵は感じられないかもしれない。JRE CARDについてはSuica機能付き「JRE CARD」なら駅ビル利用で最大3.5%ポイントも還元!』を参照してほしい。

(Image:pay.rakuten.co.jp)

iPhoneではSuicaの発行はできないが、キャンペーンにエントリー後「モバイルSuica」アプリか「Apple Pay」でSuicaチャージすることで、200円につき1pt(0.5%)の楽天ポイントがもらえる

●楽天Pay「楽天ペイのSuica」(公式)は→こちら

●楽天「楽天とJR東日本、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行やチャージ、「Suica」による支払いを可能に」(公式)は→こちら

楽天Pay(Android)

楽天Pay(Android)

楽天で購入

【朗報!】楽天ペイがSuicaと提携! Suicaにチャージして楽天ポイントがもらえるのページです。オトナライフは、【マネーAndroidApple PayiPhoneSuicaモバイルSuica楽天楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。