楽天モバイルがスマホを1円でバラ撒いても加入者が増えない理由とは?

第4のキャリア「楽天モバイル」は、2020年4月にデータ無制限&1年間無料で華々しくスタートした。ところが、5月27日からは新たにスマホを1円でバラ撒くキャンペーンを実施している。こんなに大盤振る舞いしているのに、どうやら楽天モバイルの加入者は思ったほど増えていないようなのだ。今回はその背景を探ってみる。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルはどうしてスマホを1円で売るのか?

 2020年4月、鳴り物入りでスタートした第4のキャリア(MNO)「楽天モバイル」だが、2020年5月27日から小型スマホ「Rakuten Mini」を1円で販売するキャンペーンを開始した。
 楽天モバイルは当初、データ無制限で月額2,980円の「UN-LIMIT」プランを1年間無料にして話題となった(先着300万名)。ところが、肝心なデータ無制限はまだ未整備の自社回線のみで、ローミング先のau回線は2GBまでの制限があったのだ。この辺りの事情は『楽天モバイルが2,980円の無制限プランを発表! ただし楽天回線エリア外は2GBまでという罠』を参考にしてもらいたい。さすがに現在は、au回線も5GBまで利用可能な「UN-LIMIT 2.0」に改められたが、それでも加入者は思うように増えていないようだ。
 そこで、更なる加入者獲得のため、自社オリジナル小型スマホ「Rakuten Mini」を、1円で提供するキャンペーンに踏み切ったというわけである。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルはデータ使い放題(au回線は5GBまで)で月額2,980円の料金が1年間無料になる(先着300万名)。しかもいつでも解約可能。この条件でも、なかなか楽天モバイル加入者は増えていないようだ

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルは2020年5月27日~6月17日までの期間限定で、最新スマホを1円で販売するキャンペーンを実施する。その効果やいかに!?

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

「Rakuten Mini」は3.6インチのFeliCa搭載スマホとしては世界最小・最軽量を誇る。サイズは約106.2×約53.4×約8.6mm、重量は約79gで、eSIMを利用した先進的なモデル。最近まで2万1,800円で売られていた最新スマホである

実は格安SIMの楽天ユーザーが乗り換えないのが痛い!?

 今回1円で販売される「Rakuten Mini」は決して性能の悪いスマホではない。FeliCa搭載端末としては世界最小・最軽量を誇り、SIMカードを挿す代わりに本体チップに契約情報を書き込める「eSIM」方式を採用している先進的なスマホである。しかも、最近まで2万1800円(税込)で販売されていたものだ。どうして楽天は、こんな先進的なスマホをたった1円でバラ撒く必要があったのだろうか?
 楽天のキャリア(MNO)事業は、いまだ全国にアンテナを設置している真っ最中。MNO事業への投資の影響もあって、楽天の2020年第1四半期決算は241億円もの赤字となっている。そのために、2020年6月に予定していた高速5Gサービスも3カ月ほど延期することになった。このままでは、楽天のキャリア事業は厳しい。そこで急遽、加入者獲得を狙った1円スマホキャンペーンが実施されたと考えられるのだ。
 楽天にとってもうひとつの誤算は、格安SIM(MVNO)の楽天モバイルユーザーが、思ったほどキャリア(MNO)としての楽天モバイルに乗り換えていないことにある。実は、ドコモ回線を利用する格安SIMの楽天モバイルはすでに230万もの契約があり、MNOにそのまま乗り換えてくれれば、目標の300万ユーザーはあっさり達成できるハズだったのである。

楽天モバイルがスマホを1円でバラ撒いても加入者が増えない理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidSIMフリードコモ格安SIM楽天楽天モバイル第4のキャリア】の最新ニュースをいち早くお届けします。