「JR東日本アプリ」の使い方 駅や電車の混雑状況をリアルタイムで表示してくれて便利!

乗換案内アプリや地図アプリで混雑状況をチェックする

 乗換案内アプリや地図アプリを併用すれば、さらに「蜜」を避けやすくなる。ナビタイムジャパンが提供する「電車混雑回避ナビゲーション」というサービスは、首都圏主要65路線の各駅の混雑状況や空いている電車を探せるというもの。同社が提供するアプリ「NAVITIME」や「乗換NAVITIME」で路線を検索すると、その路線の混雑状況を確認することができる。
 Yahoo!Japanが提供する「Yahoo! Map」では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために「混雑レーダー」が提供されている。この機能を使うと、指定したエリアやターミナル駅周辺の現在から24時間前までの混雑度を確認することが可能。目的地の混雑具合がひと目でわかるので、行動の指針にすることができるだろう。

ナビタイムジャパンが提供する「電車混雑回避ナビゲーション」は、同社が提供するアプリ「NAVITIME」や「乗換NAVITIME」で路線を検索すると利用できる。検索結果(左)に表示された混雑アイコンをタップすると、その時間帯の電車の混雑状況を確認できる(中)。検索結果の「○駅」をタップすれば、各駅の混雑状況を確認できる(右)

「Yahoo! Map」でチェックしたいエリアを開き、レイヤーアイコン→「混雑レーダー」をタップ(左)。表示しているエリアの混雑度が色分けして表示される。下のつまみを操作すれば、現在から24時間前までの混雑度を知ることができる(右)

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、不要不急の外出は避けたいもの。しかし、やむを得ない外出はどうしても発生する。その際は、今回紹介したアプリを活用して「密」な場所を避ける行動を取るようにしたい。

文=岩渕茂/フリーライター

JR東日本アプリ

JR東日本アプリ

アマゾンで購入 楽天で購入
NAVITIME JAPAN CO.,LTD.

NAVITIME JAPAN CO.,LTD.

アマゾンで購入 楽天で購入
Yahoo! MAP

Yahoo! MAP

アマゾンで購入 楽天で購入

「JR東日本アプリ」の使い方 駅や電車の混雑状況をリアルタイムで表示してくれて便利!のページです。オトナライフは、【アプリアプリ三密不要不急新型コロナウイルス混雑状況電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。