【今さら聞けない】大容量ファイルを送れる「ギガファイル便」の使い方

ファイルをドラッグ&ドロップするだけでOK!

 それでは実際にギガファイル便にデータをアップロードして送ってみよう。まず、1ファイル200GB以下のデータをギガファイル便の画面にドラッグ&ドロップしてアップロードする。アップロードが完了したら、アップロード先のURLをコピーしよう。このURLをメールに貼り付けて相手に送ればOKだ。このとき、相手がギガファイル便を知らない可能性もあるので、「ギガファイル便で送りました」と説明文をつけたほうがよいだろう。また、複数のファイルを送るときは、ひとつにまとめることも可能だし、流出するとまずいビジネスデータならパスワードを設定することもできる。なお、ギガファイル便は最大60日まで保存可能だが、相手がダンロードしたことを確認後すぐに削除しておいたほうが安全だろう。
 いずれにせよ3MBを超えるデータはメールに添付せず、ギガファイル便のようなファイル転送サービスを利用しよう。ただし、会社によっては独自に転送サービスを用意している場合もあり、このような外部の転送サービスの利用を禁止している場合もある。ビジネスで利用するときは必ず上司に確認したほうがよいだろう。

(Image:gigafile.nu)

データを複数に分けて送るとURLも複数必要になってしまい、相手の手間が多くなる。ファイルが複数あるときは「まとめる」機能を利用しよう。これで、相手はひとつのURLでまとめて複数データをダウンロードできるようになる

(Image:gigafile.nu)

相手が確実にダウンロードしたのを確認できたら、重要なデータは安全のため削除しておこう。「削除KEY」に削除キーを入力して「削除」を押せばOKだ

●ギガファイル便(公式)は→こちら

【今さら聞けない】大容量ファイルを送れる「ギガファイル便」の使い方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスギガファイル便ノートパソコンパソコンメール】の最新ニュースをいち早くお届けします。