話題の音声配信プラットフォーム「stand.fm (スタンドエフエム) 」の使い方とその人気の理由とは

2020年3月ごろから「stand.fm(スタンドエフエム)」というワードをSNS上でよく目にする。近頃人気を集めている音声配信プラットフォームアプリなのだが、公式HPでは「誰でも、どこにいても簡単に収録ができてすぐに配信ができる」と謳われている。
今回はまだよく知らない人のためにその使い方と人気の理由について紹介する。

stand.fmの使い方

リスナーとして配信を視聴するパターンは大きく分けて「収録放送」と「ライブ放送」の2つ。
まずは「収録放送」の視聴方法から紹介していこう。

チャンネルの収録放送を視聴する

トップ画面はPodcastやAppleのiTunesStoreなどに近い感覚。
リアルタイムで配信中の「ライブ放送」や、「おすすめチャンネル」「話題のチャンネル」などピックアップ情報が続けて紹介されている。

配信チャンネルはエンタメ系からビジネス系、または恋愛や趣味やライフスタイルなど、実に幅広い多彩なジャンル展開。

任意のチャンネルを選択すると、チャンネルの過去の配信が一覧で確認でき、そのまま視聴も可能。

視聴中の画面下部には、左から「いいね」「コメント」「レター」「シェア」が可能。様々な楽しみ方ができる。
リスナーから届いたレターの質問への回答を中心とした配信を行うこともあり、配信を通じて間接的に話し手とのコミュニケーションも取れる仕組み。

チャンネルをフォローすると配信を一覧表示してくれる。フォロー中のチャンネルから新たな配信が投稿されると通知も受け取れる。

ただし、複数のチャンネルをフォローした場合は、全チャンネル混合で最新の放送から時系列的に一覧表示されるため、特定のチャンネルのみ表示させたい場合は各配信画面を挟んでチャンネル画面に遷移する必要があり、人によっては不便と感じるかもしれない。

ライブ放送

話し手がリアルタイムで配信中のライブ放送を視聴することができる。画面構造はInstagramのインスタライブなどに近い仕様で、視聴しながらコメントで参加することも可能。

忘れちゃいけないプロフィール編集

「収録放送」「ライブ放送」の視聴方法について紹介したが、忘れてはいけないのがプロフィール編集である。
初期設定のままでも視聴は可能だが、自身のプロフィールを作成してから放送を視聴すれば、コメントやレターなどの機能をより深く楽しむことができる。

アプリの初期設定では名前は「keyboard」、チャンネル名は「keyboard チャンネル」となっている。

音声配信を行う

リスナーとしてアプリを視聴利用する方法について紹介したが、stand.fmは「誰でも、どこにいても簡単に収録ができてすぐに配信ができる」アプリである。
シンプルなUIと各種SNSとの連動性によって編集技術がなくても困らない仕様となっている。

ネタが尽きたらレターで質問募集するとか、最短3秒から配信可能など、素人にも優しい環境が整備されていて、既存SNSのような感覚で形にとらわれることなく、誰でも気軽に音声配信を楽しむことができる。
興味があればぜひ試してみてほしい。

話題の音声配信プラットフォーム「stand.fm (スタンドエフエム) 」の使い方とその人気の理由とはのページです。オトナライフは、【アプリiTunesStorePodcaststand.fmアプリ音声配信】の最新ニュースをいち早くお届けします。