【東京駅・東京ラーメンストリート】ダシで飲ませる癒しの一杯、塩らーめん専門店「ひるがお」

東京ラーメンストリートとは、東京駅八重洲南口地下にある、東京駅一番街ラーメンストリートだ。東京の「真っ先に食べたいお店」をコンセプトに「ひるがお」「斑鳩」「六厘舎」をはじめ人気ラーメン店が軒を連ね大集結!
年間約300杯のラーメンを食べるほどラーメン好きの著者。ただ、家系や二郎系をメインにしているため、塩ラーメンを注文する機会はあまりない。そんな筆者が久しぶりに食べた塩ラーメンが、久しぶりにアタリだった。パンチの効いたジャンクなラーメンではなく、ダシで飲ませる癒しの一杯。今回は、そんなラーメンを紹介していく。

あっさり好きにはたまらない。これぞ王道の塩ラーメン

今回訪れたのは東京駅の東京ラーメンストリートにある「ひるがお」。塩ラーメン専門のこのお店は、一体どんな味で筆者を満足させてくれるのだろうか?

期待を胸にのれんをくぐる。

注文したのは人気No1の「塩らーめん ひるがお盛り(1,150円)」。そこそこの値段だが、東京駅のど真ん中なので仕方ない。

卓上調味料は、コショウ、醤油、お酢、七味と王道な構成。

追加注文は現金でするらしい。豚骨ラーメンでは定番の替え玉だが、塩ラーメンでは初めて見た気がする。

着丼。

見た目は「THE 王道の塩ラーメン」といった印象。手前に浮かぶ海苔やワンタンがちょうどよいアクセントになっている。ビジュアル的には100点だ。

透き通ったスープは、塩気は控え目。ただ、鶏や魚介、貝などのダシがしっかり溶け出しており、満足度は高い。これなら飲み会の帰りにも最適だ。あっさり系のラーメンが好きな人なら、間違いないだろう。

麺は細ストレートで、硬すぎず、柔らかすぎず、絶妙な塩梅。特筆すべき個性はないが、スープの優しい味わいを邪魔することなく、より一層引き立ててくれる。

チャーシューは赤身でガシガシ噛ませるタイプ。個人的には、スープや麺とあっていない気がした。これなら、もっと薄めで柔らかいチャーシューの方が絶対合うと思うのだが……。このラーメンの中で、唯一違和感を覚えた点であった。

塩ラーメンに海苔の組み合わせは珍しいが、磯の風味をプラスしてくれ、とてもいいアクセントになっていた。

ワンタンについてじゃ、ツルッとした食感、喉越しが美味。具は海老か肉か忘れてしまった(笑)。

煮卵はちょうどよい火の通り具合。

ごちそうさまでした。

塩ラーメンが好きなら、満足できる一杯

久しぶりの塩ラーメン。満足できる一杯だった。
特に、いつもジャンクなラーメンを食べている筆者からすると、よりその味わいが骨身に染みた。ジャンク好きの筆者でこう思うのだから、あっさりタイプのラーメンが好きの人はきっと満足してもらえるだろう。

【東京駅・東京ラーメンストリート】ダシで飲ませる癒しの一杯、塩らーめん専門店「ひるがお」のページです。オトナライフは、【グルメひるがおラーメン東京ラーメンストリート東京駅東京駅一番街】の最新ニュースをいち早くお届けします。