【東京駅・東京ラーメンストリート】「あぁ、これだ……」東京の中華そば「ちよがみ」

東京ラーメンストリートとは、東京駅八重洲南口地下にある、東京駅一番街ラーメンストリートだ。東京の「真っ先に食べたいお店」をコンセプトに「斑鳩」「六厘舎」をはじめ人気ラーメン店が軒を連ね大集結!
ジャンクなラーメンばかりを食べていると、たまにはホッとするようなラーメンが食べたくなる。そんなときにおすすめなのが、東京の中華そば「ちよがみ」だ。同じく東京ラーメンストリートに出店している「斑鳩(いかるが)」のセカンドブランドのこのお店は、昔懐かしの中華そばを食べたい方にぜひおすすめしたい。

みんなに愛される、ほっこり中華そば

今回紹介する「ちよがみ」は、東京駅の東京ラーメンストリート内にある。どこか懐かしい店構えが目印だ。

人気No1という「東京駅 醤油 中華そば(1,000円税込)」を注文。

テーブルの上には、ゆず七味とコショウ、レンゲのみ。「気はてらわない。あくまで王道で勝負する」そんなお店のメッセージを勝手に感じとる。

着丼。

王道中の王道といったビジュアル。鶏ガラと節が合わせった、中華そばの香りが漂う。

スープはバランスの良い淡麗醤油。やや節系が強く感じるものの、鶏ガラの旨みとしっかりバランスが取れている。あっさりなのにコクもある。放っておけばそのままずっと飲んでいられる、そんなスープだ。

これなら、1日の中で初めての食事であっても、飲み会の締めであっても、どちらでもいい。オールラウンダースープ、ここにあり。

麺は加水率高めの、ツルツルもちもちの中太ストレート麺。麺だけでも十分にうまい。王道スープ×王道麺=優勝。

個性や特徴があるわけではないが、それがいい。さすが、お店みずから「東京の中華そば」と謳うだけのことはある。

チャーシューはホロホロ食感タイプで、口の中に入れると舌で崩せるほどの柔らかさだ。むっりで噛みごたえのあるタイプが好きな人からすると、ちょっと物足りないかもしれない。

ただ、麺やスープとのバランスを考えると、このタイプが合っている気がする。

メンマもコリコリで旨し。最近は穂先メンマが流行っているが、個人的にはこのオーソドックスなタイプが好みだ。

味玉はちょうどいいゆで加減と塩加減。

そうこうしているうちに完食。

ジャンクに疲れたときは、ちよがみの中華そばに癒してもらおう

ここ数ヶ月、ずっと二郎系や家系をはじめとしたジャンキーなラーメンばかりを食べていた筆者にとって、ちよがみの中華そばは癒しそのものであった。

これならば、毎日飽きずに食べられる。そんな味のラーメンである。東京ラーメンストリートで王道の醤油ラーメンを食べたくなったときには、まず選択肢に入れて欲しいお店であった。

【東京駅・東京ラーメンストリート】「あぁ、これだ……」東京の中華そば「ちよがみ」のページです。オトナライフは、【グルメちよがみラーメン東京ラーメンストリート東京駅東京駅一番街】の最新ニュースをいち早くお届けします。