【東京駅・東京ラーメンストリート】カレーがもっとうまい「とんこつらーめん俺式 純」

東京ラーメンストリートとは、東京駅八重洲南口地下にある、東京駅一番街ラーメンストリートだ。東京の「真っ先に食べたいお店」をコンセプトに「斑鳩」「六厘舎」をはじめ人気ラーメン店が軒を連ね大集結!
24時間炊き続けて抽出した、濃厚でクリーミーなスープが人気を博す「俺式・純」。博多風の王道豚骨ラーメン店だ。このお店に先日訪れた際、THE王道といった印象の豚骨ラーメンはもちろん、隠れたサイドメニューがとても美味しかった。今回は、お店の看板メニューであるラーメンはもちろん、みなさんにぜひ食べて欲しいサイドメニューについても言及していく。

こってりまったりの「とんこつカレー」、一度は食べてみるべし

今回訪れたのは、東京ラーメンストリートの一角を成す「とんこつらーめん俺式 純」東京駅店。

食券先買い制だ。

一番人気という「豚骨DX(1,100円)」にくわえ、変わり種の「とんこつカレー(380円)」を注文してみた。

博多風・豚骨ラーメンといえば、麺の硬さは「バリカタ」が鉄板だ。

ラー油、紅生姜など、おなじみの薬味が並ぶ。

着丼。

色合い、盛り、共に申し分なし。これは食欲をそそる。

まずはスープ。

こってりな見た目に反し、驚くほど癖がなく飲みやすかった。旨味はあるが、変な癖はない。豚骨ラーメンが苦手な人でも、これなら飲めるのではないだろうか。

ただ、あの独特の豚骨臭さが好きな人からすると、少し物足りないかもしれない。

そしておなじみの極細麺。やはりこれはバリカタにして正解だった。豚骨ラーメンには、バリカタ細麺に限る。

チャーシューもほどよく炙られており、香ばしく柔らかく美味。

キクラゲ、明太子などの脇役にも抜かりはない。

途中で、自家製ラー油、紅生姜、ゴマなどで味変してもよき。

当然の如く完飲完食。

そして、今回筆者がラーメンよりもおすすめしたいのがこちら。

「とんこつカレー」だ。これが個人的に大当たりだった。

豚骨スープを使っているからなのか、普通のカレーよりも「こってり」かつ「まったり」しており、お腹の中にガツンと溜まる。辛さはバーモントカレーの甘口レベルで、甘党の人でもまったく問題ないだろう。

豚肉も柔らかく、トロトロになった玉ねぎとよくあう。

ただ、人によっては「重たすぎる」「しつこい」と感じしてしまうかもしれない。

注文したときは全部食べられるか少し不安だったが、あれよあれよと完食。これまでに味わったことのない味に、とても満足させてもらった。

俺式 純のラーメンはうまい、ただ、カレーはもっとうまい

あくまで個人的な感想だが、このお店に行くことがあれば、ぜひラーメンと一緒に「とんこつカレー」を注文して欲しい。

もしあなたが筆者と同じこってり好きならば、きっと満足してもらえるはずだ。

【東京駅・東京ラーメンストリート】カレーがもっとうまい「とんこつらーめん俺式 純」のページです。オトナライフは、【グルメとんこつらーめん俺式 純ラーメン東京ラーメンストリート東京駅東京駅一番街】の最新ニュースをいち早くお届けします。