【東京駅・東京ラーメンストリート】煮干しの概念を変える「東京煮干し らーめん玉」

東京ラーメンストリートとは、東京駅八重洲南口地下にある、東京駅一番街ラーメンストリートだ。東京の「真っ先に食べたいお店」をコンセプトに「斑鳩」「六厘舎」をはじめ人気ラーメン店が軒を連ね大集結!
東京を代表する濃厚魚介ラーメンの名店「玉(ぎょく)」。魚介と鶏の旨みを絶妙なバランスで融合させたスープで高い評価を得るこのお店だが、東京ラーメンストリートの支店には、煮干しに振り切った限定メニューを販売している。その限定メニューが、ラーメンマニアである筆者の煮干し観を変えてくれるくらい美味しかったので、ここに報告する。

節の香りと旨味がすごい!なのにクドくない、エグくない不思議な一杯

「玉(ぎょく)」では、とろみのある濃厚煮干しらーめんを看板メニューとして推している。

ただ、この日は東京駅限定の「抜群煮干しらーめん」が一際目を引いたため、衝動的にボタンを押してしまった。

食券を提出し、席に着席。

卓上の構成は酢、醤油、つまようじなどいたってシンプル。
そして、しばらくすると運ばれてきたのがこちら。

画面越しに伝えられないのが残念だが、運ばれてきた時点で節系の香りがガツンと鼻腔を突き抜ける。「THE・煮干し」といった独特の香りだ。

スープを一口すすると、節系の旨味が「これでもか!」主張してくる。

また、味つけはかなり濃いになっているものの、塩分濃度の高さだけでごまかすのではなく、節の旨味でしっかり飲ませるタイプ。

一般的に濃厚煮干しといえば、セメント色のドロッとした、エグミの強いタイプを想像する人も多いだろう。しかし、このスープには強烈な旨味があるものの、エグミはなく、驚くほど飲みやすい。これまでの濃厚煮干しのイメージを覆す、とても不思議なスープであった。

麺は煮干しらーめんと相性のよい細ストレート。スープがほどよく絡み、ツルツルとすすれる。

チャーシューは味染みしっかりで、噛み応えを残したタイプ。個人的にはホロホロやトロトロのチャーシューより、こうした「肉食ってる感」のあるモノが好きだ。

薬味のネギもいいアクセントになってくれている。

実はこの日、ラーメンを食べるのは3杯目で、そこまでお腹は空いていなかった。

にもかかわらず、気がつけば完飲。それくらい、自然と箸が止まらなかった。

これはうまい!煮干し好きも、そうでない人もぜひ

濃厚煮干し系のラーメンは、人によって大きく好みがわかれるジャンルである。

煮干し特有のエグミや旨味の虜になる人がいる一方、それを受け付けない人も多い。

ただ、この「抜群煮干しらーめん」は、香りや旨味が強烈にもかかわらず、とても飲みやすい。個性派でありつつ、万人向け。そんな不思議なラーメンであった。煮干し好きも、そうでない人も、ぜひこの一杯を食してみて欲しい。

【東京駅・東京ラーメンストリート】煮干しの概念を変える「東京煮干し らーめん玉」のページです。オトナライフは、【グルメラーメン東京ラーメンストリート東京煮干しらーめん玉東京駅東京駅一番街】の最新ニュースをいち早くお届けします。