【東京駅・東京ラーメンストリート】全て野菜で出来たベジソバ「ソラノイロ•NIPPON」

東京ラーメンストリートとは、東京駅八重洲南口地下にある、東京駅一番街ラーメンストリートだ。東京の「真っ先に食べたいお店」をコンセプトに「斑鳩」「六厘舎」をはじめ人気ラーメン店が軒を連ね大集結!
ラーメン二郎はいつも「全マシ」、家系ラーメンなら食い気味に「カタメ・コイメ・オオメ」。そんな自他ともに認める、こってりラーメン好きの筆者。そんな筆者が最近気になっていたのがソラノイロ・NIPPONの「ベジソバ」だ。曰く、スープ、麺、具材、全てに野菜が使用されたヘルシーな一杯とのこと。果たして、こってり好きの著者は野菜だけのラーメンで満足できるのだろうか?東京駅のソラノイロ・NIPPONにて、その検証をおこなった。

想像以上の満足度!だが、やはり……

 

東京駅のソラノイロ・NIPPONは、東京ラーメンストリートの一角を成す。

のれんには、今回お目当てのベジソバだけでなく、ヴィーガン、グルテンフリーなど、ヘルシーなメニューが並ぶ。東京の主要駅のひとつだけあって、インバウンド客を取り込もうとする戦略なのだろうか。

ちなみに、ヴィーガン系メニューは肉・魚・乳製品・はちみつが使用されていないが、ベジソバはスープにあさりが使われている。

「肉、魚、乳製品は絶対NG」という方は、ベジソバではなくヴィーガン系メニューを注文するようにしよう。

到着を待っている間に卓上を確認。ラー油、お酢、唐辛子、コショウ、輪ゴムなどがラインナップされている。

各ラーメンの解説のPOPに目を通していると、サービス(期間限定?)のスムージーが運ばれてきた。

おそらく小松菜?が入っているっぽい。りんごのような味がして美味しかった。

そして、着丼。

ビジュアルの華やかさ、ポップさは他に類をみない。

少し寄ってみると、人参、トマト、ブロッコリー、サツマイモ、レンコンのフライ、キャベツ、豆とおぼしきもの(穀物系?)、卵が確認できた。

ラーメンの鉄板、チャーシューの姿はそこにはない。

スープは、カボチャのポタージュのようなほんのり甘みのある、優しい味だ。動物系のこってりでもなく、魚介系のあっさりでもない、野菜ならではの旨みを感じる。

なお、卓上POPによるとあさりの塩だれを使っているとのことだが、筆者の舌では感じとることはできなかった……。

そして麺。パプリカ? が練り込まれたような色鮮やかさ。ややボソっとした歯応えで、「野菜感」を味わうことができる。

キャベツやレンコンのフライなどは、それぞれ最小限の味付けがされており、胃もたれすることなく食べ進められる。

途中でこちらのペースト(おそらく柚子胡椒)を混ぜて味変をすると、また違った顔になり面白かった。

無事、完飲完食。
ただ、やはり筆者としては肉厚チャーシューや動物系のガツンとした味を求めてしまうのであった……。
 

意外といけた野菜系ラーメン。好きな人は好きな味

スープ、麺、具材、全体を通して平均的なクオリティは高く、こってり好きの筆者でもそれなりに満足できた野菜系ラーメン。好きな人は好きな味だと思う。

ただ、ラーメン二郎や家系ラーメンに慣れている人からすると、やはり物足りないないだろう……。

他のメニューには、普通のラーメンもあるため、ベジタリアンやヴィーガンの友人やパートナーと一緒にラーメンを食べたいときは、とてもいい選択肢ではないだろうか。

【東京駅・東京ラーメンストリート】全て野菜で出来たベジソバ「ソラノイロ•NIPPON」のページです。オトナライフは、【グルメヴィーガンソラノイロ•NIPPONラーメン東京ラーメンストリート東京駅東京駅一番街】の最新ニュースをいち早くお届けします。