「Yahoo! MAP」の混雑レーダーの使い方 行きたい場所の混雑状況を事前に確認できて安心

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには、密閉・密集・密接の「3密」を避けることが重要だといわれている。そこで活用したいのが「Yahoo! MAP」の「混雑レーダー」機能だ。混雑状況を事前にチェックすることで、人が密集する場所を避けるために役立つ。

外出前に目的地の混雑状況を確認できる

 「Yahoo! MAP」の「混雑レーダー」は、地図で表示した場所の混雑状況を確認するための機能だ。Yahoo! JAPANの各種アプリで収集されたユーザーの位置情報をもとに混雑状況を算出し、人の多い場所は赤、少ない場所は青というように色分けして表示してくれる。どうしても外出しなければならないとき、事前に状況をチェックすることで、混み合う時間帯を避けたり、混雑しているターミナル駅などを回避して別のルートで移動したり、といった対策を取ることができる。
 混雑レーダーは2020年1月31日にいったん終了されたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月10日から再び提供を開始。さらに、5月25日に実施されたアップデートで機能が強化され、最短20分前の情報を取得できるようになり(アップデート前は最短2時間前)、よりリアルタイムに近い混雑状況がわかるようになった。
 ここではまず、スマホ用(iPhone版・Android版)の「Yahoo! MAP」アプリで混雑レーダーを使う方法を説明する。調べたい場所を地図で表示しておき、下記の手順で操作しよう。

まず、目的地の場所を地図で表示しておく。画面右上にある、地図の種類を選択するためのアイコンをタップ

図のようなメニューが表示されるので、「混雑レーダー」をタップする

混雑レーダーの画面に切り替わる。人の多さに応じて色分けされたヒートマップが表示され、混雑状況を視覚的に把握できる

「Yahoo! MAP」の混雑レーダーの使い方 行きたい場所の混雑状況を事前に確認できて安心のページです。オトナライフは、【アプリYahoo! MAPアプリ三密不要不急新型コロナウイルス混雑レーダー混雑状況電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。