LINEをアンインストール(削除)するとどうなるの? 消えるデータと復元できるデータは?

消えてしまう「トーク履歴」は日頃からバックアップする

 LINEアプリをアンインストールすると、トーク履歴はすぐに削除されてしまう。LINEアプリを再インストールしてログインしても、トーク履歴をバックアップしていなかったら復元は不可能だ。そのため、日頃からトーク履歴はこまめにバックアップしておきたい。
 なお、iPhoneは自動バックアップ機能に対応している。この機能を有効にしておくと、iPhoneの電源がオンでWi-Fiに接続されている状態のときに自動的にバックアップされる。いちいち手動でバックアップする手間が省けて非常に便利。万が一の事故に備えて機能を有効にしておくのがおすすめだ。

iPhoneでトーク履歴をバックアップするには、設定画面で「トーク」→「トークのバックアップ」の順に開く。「今すぐバックアップ」をタップすると、iCloudにバックアップされる(左)。「バックアップ頻度」を開き「自動バックアップ」をオンにすれば、設定した周期で自動的にバックアップされる(右)

Androidスマホでトーク履歴をバックアップするには、設定画面で「トーク」→「トークの履歴のバックアップ・復元」の順に開く。「Googleアカウント」をタップし、自分のGoogleアカウントを選択して「Googleドライブにバックアップする」をタップするとバックアップが実行される

ログイン情報は念のため確認しておく

 LINEアプリにログインする際、設定してあるパスワードが必要になる。もし、パスワードを設定していないとログインすることができず、データを復元できなくなってしまう。
 設定画面の「アカウント」では、ログインに必要な電話番号の確認ができる。また、この画面からメールアドレス、パスワードの設定が行える。
 パスワードが未設定の場合や、設定しているパスワードがわからなくなってしまった場合は、必ずパスワードを設定しておこう。
 メールアドレスの設定は必須ではないが、再ログイン時にパスワードを忘れてしまった場合に再設定ができるようになるなど色々と便利なので、未設定なら設定しておくのがおすすめだ。

設定画面で「アカウント」を開く。「電話番号」にはログイン時に入力する電話番号が表示されている。「メールアドレス」と「パスワード」が未登録になっている場合は、各項目をタップして設定しておこう。特にパスワードはログインに必須となるので、設定したパスワードを忘れないようにしよう

LINEアプリを間違って削除してしまった場合、ログインできれば大体のデータは元通りに使えるが、トーク履歴はバックアップがないと戻せない。そのため、トーク履歴は常にバックアップしておくことと、ログイン情報を忘れないことが重要だ。

LINEをアンインストール(削除)するとどうなるの? 消えるデータと復元できるデータは?のページです。オトナライフは、【SNSLINESNSアプリアンインストール】の最新ニュースをいち早くお届けします。