マスク姿でもiPhoneの顔認証システム「Face ID」ログインをスムーズにする方法

コロナウイルスの影響でマスクをするようになって久しいが、ホームボタンのないiPhoneを使っている人は、マスクのせいで認証が通らない「Face ID」で面倒な思いをしているだろう。この面倒はシステムをアップデートすれば解消される。

iOS 13.5にアップデートすれば認証がやりやすくなる

 iPhoneの顔認証システムである「Face ID」は、iPhoneを見るだけでロックを解除できる便利なシステム。なのだが、マスクをしていると「顔を認識できません」と表示されて顔認証に失敗してしまう。
 ロック画面で認証に失敗した場合は、画面の下から上に向かってスワイプすればパスコード入力画面に切り替えられるのでそれほど面倒ではないのだが、問題はApp Storeなどで認証を求められた場合。
 App Store、Apple Payなどで決済をする場合や、Face IDでのログインに対応しているアプリ(モバイルSuicaやパスワード管理アプリなど)を起動する場合にもFace IDが利用されている。ここで認証に失敗した場合、再度Face IDをやり直す画面が繰り返し表示されてしまう。もちろんマスクを外せば認証されるのだが、認証のたびにマスクを外さなければならないのは大変面倒だ。
 しかし、iOS 13.5へアップデートすればこの面倒な仕様は解消される。このバージョンでは、Face ID認証時にマスクによって認証に失敗すると、すぐにパスコードなどの入力画面を表示することが可能。今までのようにFace IDによる認証を何度もやり直すことなくロックの解除ができるようになっている。
 特に設定などは不要なので、iPhoneのシステムをアップデートするだけFace IDの不便さを解消できるはずだ。

設定アプリで「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順に開く。最新版にアップデートされていれば、「iOS~お使いのソフトウェアは最新です」と表示される。アップデートがある場合は「ダウンロードしてインストール」か「今すぐインストール」と表示されている場所をタップしてアップデートしよう

ロック画面の場合、Face ID認証に失敗すると「上にスワイプしてロック解除」と表示されたままになるので、画面下部から上に向かってスワイプする(左)。これでパスコード入力画面が表示されるので、パスコードを入力してログインする(右)

App Store、Apple Pay、その他Face IDでのログインに対応しているアプリなどで認証する場合、認証に失敗すると「顔を認識できません」の表示と共に「Face IDをやり直す」と表示されていた(左)。iOS 13.5へアップデートすれば、マスクで認証に失敗した場合は「パスワード入力」などに変更される。ここをタップすれば、パスコードやアプリのパスワードの入力画面へすぐに移行する(右)

コロナウイルスの影響でマスクが必須になった今、Face IDはやはり使いづらい。iOSを最新にすればFace IDのスキップが容易になるので多少は使いやすくなる。iPhoneを使っている人は、早めにアップデートしておいたほうがいいだろう。

マスク姿でもiPhoneの顔認証システム「Face ID」ログインをスムーズにする方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidFace IDiOSiPhone顔認証】の最新ニュースをいち早くお届けします。