LINEの「リプライ」機能をスワイプひとつで引用返信する方法

複数の友だちが参加するLINEのグループトークでは、特定の相手に返信する「リプライ」を使用することが多い。このリプライだが、スワイプひとつでできるのがご存じだろうか。地味ながらも非常に便利なジェスチャーなので覚えておこう。

iPhoneは標準機能だがAndroidスマホは設定が必要

 LINEのグループトークだと、特定の友だちに返事をするときに「リプライ」を使うことが多い。従来のLINEでリプライをするには、返信したい相手のメッセージをロングタッチして「リプライ」を選択すればよい。これでメッセージが引用されて返信ができるのだが、手順が多くちょっと操作が面倒。
 そこで使いたいのがリプライのジェスチャーだ。リプライしたいメッセージを左に向かってシュッとスワイプすればメッセージが引用されて、すぐに返信ができるようになる。ロングタッチなどの操作が不要なので、リプライが圧倒的に早くできて非常に便利。なお、メッセージだけでなく、スタンプや絵文字、画像や動画にもリプライすることも可能だ。
 このジェスチャーは、iPhoneでは昨年のアップデートで対応し、Androidスマホでは今年の5月にアプリのアップデートで対応した。
 iPhoneの場合、リプライのジェスチャーは設定を変更しなくても利用できるが、Androidスマホはジェスチャーを使うためには設定の変更が必要になる。
 Androidスマホでグループトークを使っている人は、設定を変更しておくのがおすすめだ。

LINEの設定画面を開いて「トーク」をタップ。トークの設定画面が表示されたら、「スワイプでリプライ」にチェックを付ける。これでAndroidスマホでもスワイプでリプライができるようになった

リプライするときは、リプライしたいメッセージを左に向かってスワイプする

メッセージ入力欄の上に選択したメッセージが表示された。あとは返信内容を入力して送信する

相手のメッセージが引用された状態でメッセージが送信された

グループトークでは、誰に対しての返信かをわかりやすくするためにリプライは多用される。今回紹介したジェスチャーを使えば、素早くリプライができるようになるので、LINEを使う人に活用して欲しい機能だ。
※サムネイル画像(Image:Peter Austin / Shutterstock.com)

LINEの「リプライ」機能をスワイプひとつで引用返信する方法のページです。オトナライフは、【SNSiPhoneLINESNSジェスチャーリプライ】の最新ニュースをいち早くお届けします。