Twitter(ツイッター)炎上は大量のクソリプが原因かも? リプライを可視化してチェックする方法

Twitterの「炎上」は、ネットいじめとも思われるような誹謗中傷に晒されることがある。だが、「リプライユーザ可視化システム」を使えば、攻撃の状況をわかりやすく可視化できるので、本当に炎上しているかどうかをチェックすることが可能だ。

どのように攻撃されているかを可視化する「リプライユーザ可視化システム」

 Twitterのちょっとしたツイートであらゆる方位から攻撃される「炎上」。しかし、Twitterの炎上に加担する人は、全体の1.5%程度しかいないという調査結果がある。つまり、炎上が多くの人から攻撃されているわけでなく、一部のユーザーが粘着して攻撃しているという可能性が高いということだ。
 このように、一部のユーザーが反応しているのかどうかをわかりやすく可視化するシステムが「リプライユーザ可視化システム」。
 このシステムは、多数に見える誹謗中傷が全体から見れば実はごくわずかな人々の手によるものといいうことを分かりやすく可視化することを目的に開発されたもの。東京大学大学院准教授の鳥海不二夫准教授(@toritorix)が開発・公開した。
「リプライユーザ可視化システム」は、ブラウザーでアクセスしてTwitterアカウントと連携すれば利用可能。あとは自身のアカウントに送られたリプライの統計データをチェックするだけだ。また自分へのリプライだけでなく、他人のアカウントの分析も可能なので、炎上中の人の状況もチェックできる。

「リプライユーザ可視化システム」(http://torix.sakura.ne.jp/tma/)にアクセスし、画面左上にある「Start Mention Analyzer」をクリックする

Twitterのログイン画面が表示されるので、アカウント情報を入力してログインする。アカウントの連携画面が表示されるので、「連携アプリを認証」をクリックする。これで「リプライユーザ可視化システム」が利用できるようになった

自分へのリプライの分析結果を確認する場合は、「自分へのリプライを確認する」をクリックする。分析が開始され、しばらくすると分析結果が表示される

他人のアカウントを分析する場合は、その人のアカウント名を入力し、「他人のリプライを確認する」をクリックすればよい

Twitter(ツイッター)炎上は大量のクソリプが原因かも? リプライを可視化してチェックする方法のページです。オトナライフは、【SNSTwitterクソリプリプライ可視化炎上】の最新ニュースをいち早くお届けします。